おおかみこどもの雨と雪

前から見に行こうか迷っていたのですが、今日だとファーストデイで1,000円で
観られるということでシネマサンシャイン大和郡山でおおかみこどもの雨と雪を
観てきました。
http://www.ookamikodomo.jp/

家から近くにありながら、今まで見たい作品が上映しておらず、一度も行って
いなかったのですが、流石去年出来たばかりの映画館。
一般スクリーンでもデジタル上映で、画質と音質が良いです。

映画けいおんを見に行ったワーナー・マイカル・シネマズ高の原だと、フィルム上映で
ノイズが多く、家庭用のフルHD液晶テレビの方が綺麗なのじゃ?という感じで、
音も小口径スピーカーで無理に音量上げている印象でイマイチでした。

その点、今回見に行った映画館は流石という感じです。

さて、作品の感想ですが、今までの細田作品に比べ、垢抜けていて、安定感のある
非常に良い作品だと思いました。
時をかける少女やサマーウォーズは、出来としては面白くて悪くはないのですが、
反面、展開が急すぎて無理があったり、不自然な部分があったのですが、
今回は自然に見入ることが出来ました。

それから、おおかみこどもが存在する非現実的な世界ですが、それに関わる周囲の
目や、動きは現実的に描かれ、また、都会と田舎の雰囲気や人の違いという
あたりも、生活感があり、現実に近い感じで表現されているのは凄いなと思います。

今回の作品では、一般の女優・俳優が声の担当をしているのが多かったのですが、
ジブリ作品と比べて、違和感が無く自然で、適材適所ちゃんと選んでいるの
だろうな。という印象でした。

作画や背景に関しては流石の一言。
美術監督の大野広司さんは、「魔女の宅急便」や「OVA苺ましまろ第1期」でも
担当されていて、単純に綺麗というのではなくこちらも現実的な風景として描かれて
いるシーンが多く、素晴らしかったです。

田舎の舞台が富山ということからか、エンドロールでPAワークスの名前が出ていて
制作に参加していたみたいですw

ストーリーの感想は上手く書けませんが物凄く感動しましたよこれはw
また、賛否別れる理由も見ていて少しは分かった気がします。

あと個人的には、KeyのCLANNADのアフターと描こうとしている方向性は似てる
なという印象。
おおかみこどもの雨と雪の方がより先へ進んでいるなとは思いましたけどね。
そこから考えても、2時間弱の時間で良くここまで表現したと絶賛出来ます。
観た後パンフと原作小説本も買いましたw

本当に良い作品ですので興味ある方は是非映画館で見に行く事をオススメします。
  

Pocket

おおかみこどもの雨と雪” への2件のコメント

  1. この作品、月刊ヤングエースで連載中のコミック版の方を愛読しています。

    ヤングエースは、もともとは『貞本エヴァ』の不定期連載、昨年からはコミック版Fate/Zeroの連載目当てで目を通してたんですが、おおかみ~のコミック担当が、貞本系を維持しつつ、非常にやわらかい表現ができる作家さんだったので、一発で気に入った次第。

    細田作品は、テレビでオンエアされたサマーウォーズをみた時、絵(線画)の動きが気持ち悪くて開始後10分もついて行けず、のちにコミック版をブックオフで立ち読みして、初めて内容を知ったような有様でして。

    なので、おおかみ~も本編(映画)ではなくコミックで読み進めたいと思ってますw

    ちなみに、月刊ニュータイプエースで連載中の宇宙戦艦ヤマト2199では、本編であるはずのアニメより細かい部分のサポートがよくできていて、今ではコミック版をベースにアニメ化しろ、という下克上が発生中です(爆)

    なんのこっちゃ?と思ってたんですが、最近、よ~やくDVD第1巻をレンタルして視聴してみたら、コミックスの方が絶対いい!と納得の内容でした(大苦笑)

  2. >細田作品は、テレビでオンエアされたサマーウォーズをみた時、
    >絵(線画)の動きが気持ち悪くて開始後10分もついて行けず、
    >のちにコミック版をブックオフで立ち読みして、初めて内容を知ったような有様でして。
    確かに動きがちょっと独特ですよね。
    また、人物に影を付けないという有名な話もあるますしw
    ただ、小説版の方を読んだのですが、映画では解説せずに映像だけで
    表現しているシーンが多く、それが良さだったりします。
    例えば、おおかみおとこの死体が無造作にゴミ収集車に放り込まれるという
    シーンが出てくると思いますが、アニメだと効果音などは無く、現場から少し離れた
    一定の視点からの実際の映像を見ているような表現で見た人に強い印象を
    与えるように作られていました。

    一方、小説版だと逐一その部分を説明してある感じで、印象が薄くなるのが
    微妙だと感じました。

    という感じで、映画版がベストになるような作品作りをしている印象です。

    まあ、自分はコミック版は読んでないのでなんとも言えないですけどねw

    >今ではコミック版をベースにアニメ化しろ、という下克上が発生中です(爆)
    ww

    >コミックスの方が絶対いい!と納得の内容でした(大苦笑)
    そういう事もあるんですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>