2TBのHDDが1万割れ!?

まあ数量限定特価だけみたいではありますが(^^;
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091226/etc_hdd.html
でも驚きですね。
機種は日立 HDS722020ALA330。5000rpm台の低回転モデルの多い中、
これは7200rpmとメインドライブとしても第一線で活躍出来る性能を持っています。
プラッタ数が5枚と多いため、発熱と音の面では不利ですが、この価格なら購入第一候補に
上がるでしょう。
ただ、2TB越えのドライブ登場までには32bitの壁が存在するため、
ハードルが高いみたいです。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20091225_339615.html
WinXPだとこの壁にもろにブチ当たるようで、この面からWin7への移行が進む
可能性があるかもしれません。

Pocket

2TBのHDDが1万割れ!?” への2件のコメント

  1. >まあ数量限定特価だけみたいではありますが(^^;
    ドスパラは、まだ列を作ってくれるからいいんですよ(笑)
    ツクモは、どの店舗であろうと番号を振られた整理券を配布したのち
    「当選者」だけが購入できる、お馴染みの罠(苦笑)
    Sofmapは、水曜日か金曜日の夕刻にしかタイムセールをやってくれなくて・・・
    土日もタイムセール自体はやってるんですけど、対象にしてくれないんですよ、
    こういう「目玉」ものは。平日の売上増を狙っての作戦なんでしょうけど、
    通勤帰りにアキバに立ち寄れない会社員には敷居が高すぎます(≧▽≦)
    >WinXPだとこの壁にもろにブチ当たるようで、この面からWin7への移行が進む
    >可能性があるかもしれません。
    メーカー製のPCで、内蔵ハードディスクに正真正銘の2TBを超えるクラスが
    普及しだしたら、選択肢が64bit版しか無くなるので、まず間違いなく移行
    するでしょうね。
    ただ、現在の市場の主力って、ノートPC/ネットブックなんですよね・・・
    ノート用の2.5インチクラスの話になるので、2TBオーバーは更に先の話に
    なると思いますが、それまでにハードディスクからSSDへの移行を強く促す
    だけの性能と低価格を実現した製品が、SSDから出てしまう気が・・・
    自作のデスクトップ市場でも、起動ドライブには価格が割高にも関わらず
    SSDが拡大の一途を保ち続けているし、データ・ドライブとしての需要も
    1TB以下の安価かつ大き過ぎない容量のディスクでRAIDを組むユーザーが
    増えてるし・・・
    なんか、ものすご~く否定的な事を書いてしまいましたが(^^;
    正直、SSDがデスクトップ(自作)とネットブックの両方でこれだけ個人
    ユースの市場に食い込んでしまっていると、ディスクの将来性がいまいち
    読めないんですよね・・・というか、SSDの更なる進歩に期待してしまう
    ものがあったり(^^ゞ
    まぁ、来年の今頃には、もう答えが出ている話になるかもしれません。
    案外、私が2TBオーバーのディスクを1台6千円くらいで2個買って、
    RAIDを組んでみたよー、みたいなコメントが付いてるかも?(ちょっw

  2. >「当選者」だけが購入できる、お馴染みの罠(苦笑)
    まあ、この手の特価は確かにいわゆる客寄せ品と言う感は強いですね。
    ただ、通常価格でも13kなのでずいぶんと安くなったなとは思いました。
    >通勤帰りにアキバに立ち寄れない会社員には敷居が高すぎます(≧▽≦)
    通常販売で値下がるのを待つしか無いですね(^^;
    私も待っているところですがw
    >ただ、現在の市場の主力って、ノートPC/ネットブックなんですよね・・・
    確かにそうですね。
    大容量HDDを売るにはPCでデジタルTV放送録画を普及させないと難しいの
    かもしれません。
    そういう意味では、ブルーレイレコに内蔵させて使われるの方が、大容量HDDが
    使われる数が多くなるかもしれないですね。
    そもそもPCの利用の殆どがネットという感じになってますし。
    SSDに関しては、登場初期よりは安くなったもののまだまだ割高で、そう一気に
    普及しそうな感じが無い気がします。
    >案外、私が2TBオーバーのディスクを1台6千円くらいで2個買って、
    >RAIDを組んでみたよー、みたいなコメントが付いてるかも?(ちょっw
    ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>