2011年アニメ感想

今年も終わりが近づいて来ましたね。
という訳で今年のアニメで印象に残った作品を挙げたいと思います。

・まどか☆マギカ
普通の魔法少女モノかと思ったら普通じゃなかったw
放映終盤に震災と重なった事も強く印象に残りました。

・シュタインズ・ゲート
完全な空想話ではない所が面白い。
ジョンタイターの予言まったく外れているわけでもないというあたりも。
まゆしぃ可愛かった(笑)

・花咲くいろは
昼ドラ路線かと思いきや、意外とお色気路線に突っ込むわの問題作。
作画が良かった(^^

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
この作品は感動したがゆきあつの女装シーンでいろいろと吹っ飛んだ(ぇ

・Fate/Zero
映像スゴ過ぎ…
このクオリティ半端無かった…

・映画けいおん!
久々に映画館行って見た作品。
やっぱりけいおんは、気楽にみれて楽しいですね(^^

あまり中身のない感じになりましたが今年はこんな感じで締めくくりたいと思います。

みなさん良いお年を(^^

Pocket

2011年アニメ感想” への2件のコメント

  1. 新年あけましておめでとうございますー( ̄▽ ̄)

    昨年のアニメは、まどマギに限らず印象に残る作品が多く、豊作と言える年だったと思います。

    >・まどか☆マギカ
    劇場映画化が決定してますが、新作だけではなくテレビ版の総集編もやる、というのがちょっと引っかかってます。映画が初見になる人のことを考えて・・・と新房監督がコメントを出してますけれど、どうせテレビ版を観た人しか劇場に足を運ばないだろうし、むしろ、そうでないとタイトルだけ見てプリキュア的なアニメと勘違いして飛び入りで劇場に入っちゃった一般の親子連れが続出して、大変な惨事を招きそうなんですけど(爆)

    新宿TSUTAYA、いまだにキッズコーナーにまどマギのDVDを置いてますし(≧▽≦)

    >・シュタインズ・ゲート
    昨年の花澤さん、ISのシャルとシュタゲのまゆりで、声豚全軍を味方につけたも同然でしたね♪(マテw
    ニュートリノが光より速かったという元祖セレン(ちょw の発表も、シュタゲがあったおかげでかなり盛り上がりましたしw
    ただ、ニュートリノが光速を超えていても、過去の時間へは飛んでいないという観測結果が出ている時点で、光速を基準に考える特殊相対性理論(⇒タイムトラベル)は破綻してしまっているんですが( ̄▽ ̄;)
    単に、光より速い、けれども時間の流れに沿って移動する新しい物質(粒子)を確認しただけ、と。

    >・花咲くいろは
    岸田メルさんがキャラクターデザインを担当したアニメがもう1本あったわけですが、あちらはもう完全に黒歴史化してますねーw
    作画レベルはけっして低くはなかったんですが、シナリオで差がつき過ぎていて、昨年度の「どうしてこうなった」作品ナンバーワンだったかも?(ちょw

    >・あの花
    夏コミでは女装ゆきあつを大量生産し、冬コミでもしぶとく駆け巡っていました(≧▽≦)
    最終回だけ、尺が足りていない急ぎ足な展開でいまだに不満を感じてますけれど、今夏に何か新展開があるようなので、引き続き期待はしています・・・でも、もうコミケで女装ゆきあつ軍団は見たくないかも?( ̄▽ ̄;)

    >・Fate/Zero
    私は先にサウンドドラマで聴いちゃってたので、意外と不満を持ってたりします。マリア様がみてるの時も同じだったんですが、ドラマCDの方が、尺をとって丁寧に話を進行させてるんですよ。雑種(声:大塚明夫さん)とキンピカ(声:関智一さん)の掛け合いなんか、アニメより全然深く濃くネチネチとセイバーをいびり倒していて、これ、収録現場はいったいどういう状況になってたんだ!? と真剣に川澄綾子さんの身を案じてしまうレベルでしたし(≧▽≦)

    なので、OVAカーニバル・ファンタズムの2巻で、セイバーの逆襲(アホ毛をむしり取ってオルタに変身 ⇒ キンピカを下僕化w)が見られた時は、ホッとしましたよ(ちょw
    というか、EXTRAセイバー(声:丹下桜さん)がタイガー道場で藤ねぇ(声:伊藤美紀さん)と掛け合いやってて、つまりこれは、CCさくら×知世ちゃんのお母さんだったわけですよ(≧▽≦)
    そしたら、特典映像の方で元祖セイバーが「ところで士郎、最近、私の色違いが出没しているようですが」とアドリブを入れていて、士郎役の杉山紀彰さんがとっさに対応できずに吹いてしまっていたりw
    こちらも、収録現場がいったいどういう状況だったのか、知りたくて知りたくてしょうがなかったりします( ̄ー ̄)☆

    >・映画けいおん!
    こちらは、レンタルの円盤で視聴予定につき・・・www

    それでは、今年もどうぞよろしくお願いします(≧▽≦)

  2. >新作だけではなくテレビ版の総集編もやる、というのがちょっと引っかかってます。
    確かにそれは微妙ですね。

    >そうでないとタイトルだけ見てプリキュア的なアニメと勘違いして飛び入りで
    >劇場に入っちゃった一般の親子連れが続出して、大変な惨事を招きそうなんですけど(爆)
    ww
    上映館数によっては悲劇が広がる可能性ありますね(苦笑

    >新宿TSUTAYA、いまだにキッズコーナーにまどマギのDVDを置いてますし(≧▽≦)
    ww
    うめてんてーのイラストが罠ですよね(^^;

    >ニュートリノが光より速かったという元祖セレン(ちょw の発表も、
    >シュタゲがあったおかげでかなり盛り上がりましたしw
    セルンですな。確かにシュタゲのお陰で盛り上がりましたw
    Linux界隈も、RHELクローンの定番CentOSのリリースが一時期遅れがちになったため、
    CERNが開発に関わっているScientific Linuxが一部で流行ました。
    ちなみに、CERNロゴの入ったバージョンもあるみたいです(^^

    >シナリオで差がつき過ぎていて、昨年度の「どうしてこうなった」作品
    >ナンバーワンだったかも?(ちょw
    神様のメモ帳ですね。確かに作画は良かったし、OPやアイキャッチの作りも良かった。
    アリスも可愛くてGoodでしたが、もはやアリスのために耐えて見るアニメにw

    ハッキリ言って放映時期も不味かったですね。
    暴力団排除へと進む中、後半が島田紳助氏が暴力団との関係で引退した頃に、
    ライブの興行を暴力団が、仕切っている話をやっていたので、主人公に
    感情移入しにくくなってしまいました。
    もっと早い時期なら、人気が出ていたかもしれません。

    >アニメより全然深く濃くネチネチとセイバーをいびり倒していて、
    >これ、収録現場はいったいどういう状況になってたんだ!? と真剣に川澄綾子さんの
    >身を案じてしまうレベルでしたし(≧▽≦)

    ドラマCDはそんなスゴイことやっていたんですねw
    確かにFate/ZEROは初見(最初のFateはプレイ済)の自分にはやや、説明不足感はありました。

    >なので、OVAカーニバル・ファンタズムの2巻で、セイバーの逆襲(アホ毛をむしり
    >取ってオルタに変身 ⇒ キンピカを下僕化w)が
    >見られた時は、ホッとしましたよ(ちょw
    ww

    >つまりこれは、CCさくら×知世ちゃんのお母さんだったわけですよ(≧▽≦)
    なんとw
    それはスゴイw なかなかない組み合わせだw

    >こちらは、レンタルの円盤で視聴予定につき・・・www
    宮崎 哲弥さんも観に行かれたみたいです。
    まぁ、まどか☆マギカも見ていたみたいなので当然という気もしますが(爆
    http://ex-iinkai.com/free/detail67.html?PHPSESSID=5f757a70dde56862c521adb468f0f03a

    パンフレット(800円)もバッチリ購入されてますw

    それでは今年もこちらこそ宜しくお願いします。(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>