【続】ココロコネクト オーディションドッキリ問題

アニメファンの批判のお陰からか、ココロコネクト公式ページに、
新しい謝罪文が掲載されました。
http://www.kokoro-connect.com/news/

読まれれば分かると思いますが、前回とは違い、今回は経緯等が説明されていて、
市来さんや、出演声優のみなさんに対して製作委員会がお詫びしている等
概ねちゃんと、謝っている内容だなという印象です。

これで、取り敢えずは収束に向かうだろうなと思いました。
声優が謝るのではなく、制作側が最初からこの内容で謝罪すべきだったと思います。

ただ、ココロコネクト製作委員会というエンドロール上に存在しない
名前を出して謝罪している点、相変わらず山中プロデューサーが
謝っている訳では無い点には不満を感じます。

内容を見ますと、9月30日にゴールイベント(イベント&ニコニコ生放送)
というものがあるそうですので、その場で山中プロデューサーが謝罪する
のかどうかが、今後の注目点ですね。

最後に、市来光弘さんへ一言。
こんな事に負けず今後アニメで良い役が貰えるよう頑張ってください。
応援しています!

Pocket

【続】ココロコネクト オーディションドッキリ問題” への2件のコメント

  1. 市来光弘さん、アニメ化する前から発売されていた集英社のドラマCD『マリア様がみてる』シリーズの第1作から、福沢祐巳(植田佳奈さん)の弟・祐麒の声を当てていて、阪口大助さん系統の声質をお持ちの方なんですが、

    近年では「クライストとお呼びください」⇒ゆりっぺに「竹山くん」と呼ばれ続ける@AngelBeats! とかw

    会長はメイド様!の3バカの1人とか・・・まぁ、確かに良い役には恵まれてこなかったかも?(ちょーっ!w

    『マリみて』とは姉弟作品の『お釈迦様もみてる』がアニメ化されたら、主人公なので一気に天下を獲れると期待しているところではあったんですが、まさか『ココロコネクト』で、しかも、まだ出演もしていないのに話題の人になってしまうとは、思いもよりませんでしたねぇ・・・

    『杉田智和のアニゲラディドゥーン』では、「俺がやられたらその場にいる人の顔全部覚えてるモノ」と杉田さんに言わせしめてますし、声優さんの立場の弱さが改めてわかる出来事だったと思います。

    また、OP担当の菊池創さんがとんでもないツィーターだったことも判明して、CDを買っちゃった私としては、かなりのガッカリ感でした(ノД`)

  2. >近年では「クライストとお呼びください」⇒ゆりっぺに「竹山くん」と呼ばれ続ける@
    >AngelBeats! とかw
    ww

    >会長はメイド様!の3バカの1人とか・・・まぁ、確かに良い役には恵まれてこなかった
    >かも?(ちょーっ!w
    www
    まあそういうのは、その人の実力との兼ね合いもあり、仕方ないですね。(^^;

    >声優さんの立場の弱さが改めてわかる出来事だったと思います。
    ですね。
    特に、やられた方の市来さんが声優の中で真っ先に謝っていたのには驚きましたし…(汗
    アニメ公式で2度目の謝罪文が最初から出ていればこんな事にならなかったのにと
    思いました。

    あとその場に居た声優だけでなく、直接関係ない方も影響でた方居たみたいだし…
    それと、ココロコネクト原作者の方は可哀想ですね。
    直接関係ないのにもかかわらず自分の作品のイメージ下がってしまう訳ですから…(汗

    あと原作イラスト担当の白身魚さんは、某有名アニメ会社の作画監督の方なので
    複雑だろうなと(苦笑

    >また、OP担当の菊池創さんがとんでもないツィーターだったことも判明して、
    >CDを買っちゃった私としては、かなりのガッカリ感でした(ノД`)
    前に購入したという事を見たので、そうじゃないかなとは思ってました(^^;
    それと、ココロコネクトドッキリ企画のまとめWikiにも書かれてますが、
    この問題が表沙汰になったきっかけなんですよね。
    皮肉な事ではありますがw
    http://www49.atwiki.jp/kokoro-ijimect/pages/20.html

    まあ、ライブツアー終了後活動自粛だそうなので、自業自得という感じですね。

    しかし、個人的にはリフレクティアでこの曲おぉ凄いと思わせた人物。
    それだけに勿体無いなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>