ラブライブ&魔法少女リリカルなのはクレカ登場。

なんとなしにクレジットカードの情報を調べてたらラブライブとなのはの
カードが出ていて驚きましたw

・ラブライブ!オフィシャルクレジットカード
http://news.lovelive-anime.jp/app-def/S-102/news/?p=7567

・魔法少女リリカルなのは INNOCENT VISAカード
http://nanohain.com/creditcard.html

まずラブライブですが、けいおんカードと同じく三菱UFJニコスのVIASOカードの
一つで、こちらは既に1/22より募集開始しています。
カードのデザインは、税印集合のオーソドックスな感じに仕上がっています。
おそらく三井住友発行のアイマスVISAとガチバトルが繰り広げられでしょうw

そして、魔法少女リリカルなのは INNOCENT VISAカードですが、このカードデザインは、
萌えクレカの中でも店の人に渡すハードルかなり高そうな印象(苦笑
なんかおもちゃのカードみたいに見えるのですよね。(^^;
つか三井住友よ、アイマスVISAですらロスで日本人が誤認逮捕されているのに、
その上を行くデザインのカードを作るかとツッコミ入れたくなりましたがw
このカードに関しては、あらぬトラブルに巻き込まれないためにも、海外利用は
控えたほうがよろしいかと私的には思います。(^^;

募集は2/2からだそうです。

個人的にはかなり好きなデザインなので、なのはカード欲しいのですけどね(ぇー
アニメイトなんかで使いたかったりw

Pocket

2014秋アニメレビュー その3

台風が過ぎ去りましたが、私の所は雨風共それほどでもなく良かったです。
それでは秋アニメレビュー その3、いきたいと思います。(^^

・デンキ街の本屋さん
http://umanohone.jp/

日本のとある電気街」に建つ架空の書店「COMIC うまのほね」を舞台にしたラブコメアニメ。
まーどう考えても、元ネタはと○のあなでしょうがw「みかんBOOKS」も原作中に
出てくるらしいしw

この作品は、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」といった長期放送中のアニメを
手掛ける老舗のシンエイ動画が制作しています。

映像が特別美しいとかそういうのは無いのですが、同人誌を扱う書店の裏側が
見れるような作りで面白いですw
2話では電気街の運動会で登場キャラがブルマで出てきたり、パンツ食い競争という
滅茶苦茶な競技が出てたり、桃井はるこさん担当のSSDちゃん登場で混沌としてますが、
作風からしたらピッタリあってますし問題ないでしょうw(ぇー
結構このアニメもオススメですw

・グリザイアの果実
http://www.grisaia-anime.com/

フロントウイングが2011年に発売した美少女ゲームのアニメ化作品です。
訳ありの少女5人”のみが”通う私立美浜学園に主人公が入ったところから物語が始まります。
このアニメは、日本の連続テレビアニメとしては初の全て画面比率2.35:1(シネスコサイズ)で
制作されているのが特徴で、新しい事にどんどん挑戦していこうという制作スタッフの
意図が伺えます。ちなみにモニタアス比に換算すると21:9とのこと。

…もっとも今の所パンツもろ出し作品にしか見えませんがw(ぇー
ただ1話終盤に各ヒロインの裏を伺い知る事が出来るような形で終わっていて、
続きが大変気になりますね。

それにしてもこの作品、OPの出来が映像・音楽共に素晴らしい。
これはCD買おうかなと考え中です。(^^

・旦那が何を言っているかわからない件
http://www.dreamcreation.co.jp/danna/

いつもは、短時間アニメは取り上げないのですが、田村ゆかりさんメインの作品は
波打際のむろみさんと良い、ヒットしてますので書こうと思います。
まず、ゆかりんによくこんな役やって貰えたなぁというのが最初の感想w

それと女性キャストが全て独身で揃えたのも凄いなと(^^;
5分アニメなのでかなり詰め込んでますが、話の取捨選択が上手く、制作スタッフの
凄さを感じますw

Pocket

2014秋アニメレビュー その2

13日の夕方~晩頃に台風19号が直撃の可能性が高く心配…(汗
さらにJRは関西エリアで明日午後4時以降に関しては終日運転見合わせという前代未聞の
事態になってます(^^;
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC12H01_S4A011C1AC8000/

もっとも関西私鉄各社は「今が稼ぎどきだー」ってなってる所もありそうですがw
南海と近鉄の一部の除いて、殆どが標準軌を採用しているのでJRより安定感ありそうだし(^^;

さてさて、秋アニメレビュー第2弾書いていきたいと思います。

・selector spread WIXOSS
http://selector-wixoss.com/

春に放送していた、selector infected WIXOSSの続編です。
1期開始当初はカード販促アニメと呼ばれて、あまりシナリオ面で期待されてません
でしたが、カードの中に友達が入ってしまってカード内のキャラが利用者に乗り移る
というまどマギよりも救いようがなく、それでいてやたら作りこまれたストーリーで、
アニメファンを驚愕させた作品です。(^^;

今作では、前作のラスボス的存在だった伊緒奈がカード化して主人公のるう子の手元に
ある状態という、既にかなり恐ろしい所から始まっています。
晶の性格の悪さも健在で、声優さんの悪役を演じる能力パワーアップしてるなと思ったりw

今回もシナリオ面がかなり作りこまれている印象で今後に期待ですね。

・ SHIROBAKO
http://shirobako-anime.com/

アニメ制作現場をアニメ化するという、ありそうでなかった斬新アニメ(ぇ
初っ端から、頭文字Dばりのカーチェイスを展開して度肝を抜かれましたw

業界用語や独特の習慣が出てきますので結構話に付いて行くのが大変です(^^;
しかし、、長年ドラえもんの制作進行等をされているベテランの水島努さんが監督な関係からか、
P.A.WORKS色が薄く、今までと大分違う雰囲気ですが、非常にテンポよく話が進んで面白いです。
最近のPAは絵だけ綺麗で中身ない印象だったので、今作でイメージ大分変わったと感じますね。

アニメ好きなら是非見ておくべき作品だと思います。

・大図書館の羊飼い
http://www.daito-anime.com/

オーガストの美少女ゲームの最新作のアニメ化作品です。
ただ、原作は特にイラストのクオリティが高いのが特長ですが、このブランドのアニメ化は、
毎回不遇な扱いを受けてまして、夜明け前より瑠璃色なでは特にキャベツの作画があまりに
酷く、キャベツアニメと呼ばれネタにされてました。(^^;

そして今作なんですが、正直今時のアニメにしては作画が微妙ですね(苦笑
特に色指定の微妙さや全体の色合いの薄さが気になります。
あとキャラ紹介の場面でイメージの花を大きく入れる形になっていてクドい。
シナリオ展開や雰囲気は悪くないのでちょっと残念な感じです。

また1話は一般的にアニメ全体の中ではクオリティが高いケースが多いので、今後さらに
質が落ちないか心配ですね。(^^;

Pocket

2014秋アニメレビュー

毎度おなじみアニメレビューです。
夏は、期待していた作品がイマイチで書くのをスルーしましたがw(ぇー
一転今年の秋はレベルが上ってどの作品も面白いです。
まずは注目の3作品の紹介です。

・天体のメソッド sora no method
http://sora-no-method.jp/

「Kanon」のシナリオを手掛けた久弥直樹さん原案の「sola」以来7年ぶりの新作。
H.N.のとおり、Kanon好きな私としては絶対見逃せない大本命w

この作品、まず主人公の乃々香を始めキャラクターがみんな可愛い。
それとやはり雰囲気が温かく、キャラの性格がKanonに通じるものがあるなと感じます。
シナリオも、出だしは元いた街に久しぶりに戻ってきたという話で、Kanonの祐一が
乃々香に置き換わったような感じですね。

そして、ノエルがあゆちゃん的存在に見えてきますw
温かい雰囲気と、独特の心地よさのある良い作品だと思います。

そしてOPの「Stargazer」という曲が、昔のI’veの雰囲気が残っている曲でこれもグッド。
ジャケットのノエルのイラストも可愛いので購入しようかなと考えています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00MMHFP1S

・甘城ブリリアントパーク
http://www.tbs.co.jp/anime/amaburi/

「けいおん!」、「涼宮ハルヒの憂鬱」等数々のヒットを飛ばしている
京都アニメーションの新作。
最近は、自社ラノベレーベルからのアニメ化が多く、あまり面白くない感じが
あったのですが、今回はフルメタの作者の賀東招二さん原作の作品で安心感があります。(^^

実際、1話を見てみるとテンポが良く、フルメタのボン太みたいなキャラクターの
モッフルが登場したりして、フルメタシリーズを見ていた人も楽しめる内容に
なってました。
閉園危機の遊園地を立て直すというところから話を広げるというのも着眼点が素晴らしい。
そして、支配人の少女が魔法の国の王女というも遊園地のメルヘンさとマッチして
面白いですね。

ちなみに、私の地元奈良にもシンデレラ城のパクリのような城のあるドリームランドという
遊園地がありましたが、閉園近くになると甘ブリと大差ない状況になっていた上、
閉園後跡地に火葬場建設計画が出たりと(その後近隣住民の反対により頓挫)、
全くドリームじゃない状況が続いてたりします。(苦笑)

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
http://www.fate-sn.com/

これは「空の境界」、「FateZero」を制作していたufotableが「Fate/stay night」の
再アニメ化を手掛ける注目の作品ですね。
発表された当初は10年前の原作を再びアニメ化するということで驚きました。
以前アニメ化された際は、全ルートを折衷した内容でバラバラで纏まりの無さが問題と
されていましたが、今作では”Unlimited Blade Works”という遠坂 凛のシナリオに
絞った形にして、しっかり描く内容になっているのが特徴です。

元々のufotableのクオリティには定評がありますので、原作ファンが安心して
見れる内容だと思います。
約1時間あった0話を見た感想ですが、原作を忠実に描いている印象で良かったです。
本日深夜放送される1話にて初めて流れるEDテーマ曲 Kalafina 『believe』も注目ですね。

Pocket

ClariS、今年1月のZepp Tokyoイベント映像公開

まさかこのタイミングで映像公開するとはと思いましたが(^^; 
http://www.clarismusic.jp/ 

それもクララとアリス2人出てるシルエットシーン。 
今となっては非常に貴重な映像なので要チェックです。

Pocket

ClariS アリス卒業発表。

アリスの卒業発表してから数日が経ちましたが、私的にはやっぱりショックが 
大きく…(汗 
http://www.sonymusic.co.jp/artist/claris/info/440308 

職場で「クラリス」という抗生物質名前を見るたびあぁアリス卒業だなぁ… 
と考える日々…(ぇー 

ClariSを初めて知ったきっかけは、俺の妹がこんなに可愛いわけがないのOP曲、 
inoryですね。クララとアリス、二人のボーカルを最初に聞いた時からおぉーと 
思ったものです。 
それとまどか☆マギカでのTV版のコネクト、劇場前後編のルミナス、そして 
新編のカラフルで、無くてはならない存在になったと感じました。 

ちなみにこの二人、メジャーデビュー前はアリス☆クララだったそうです。 
ニコニコ動画にアリス☆クララ時代のがまだ残っていました。 
http://www.nicovideo.jp/mylist/15308474 

歌っているのが、けいおん!やとある科学の超電磁砲の楽曲と、個人的にはストライク 
ど真ん中のものばかりなんですがw 
アリス卒業の機会に改めて今聞くのも新鮮で良いと思います。 

今年の1月には ClariS presents 「2014 New Year’s Festival 始まりの予感・・・」 
というイベントでシルエットでの登場があったりしただけに今後出てくるのかなと期待した 
矢先に、まさかのタイトル通りの予感だけでしたという事になるとは…(^^; 

色々と詳しく調べてみると、元々クララさんの方からアリスさんを誘ったというところから 
始まったそうなので、その辺りのから、将来に対する想いの違いがアリス卒業のきっかけに 
なったような気がします。 

学業に専念するためとの事ですが、一時休止ではなく卒業というのが、私個人としては、 
残念だなと思う気持ちであります。 

公式サイトには、「ClariSは次なるステージを準備中」と書かれていますが、残った 
クララ一人で頑張って欲しいと思うファンが多いと思います。 
もし、新たに別の方が入るの形になると、気分的に複雑に思うのは私だけでは 
無い気がします。 

ともあれ、今回卒業するアリスさんやクララさんが残る今後のClariSを、遠くからですが 
見守っていきたいと思います。 

まずは、ClariS 3rdアルバム発売記念 全曲先行試聴会イベント 
「”PARTY TIME”前夜祭」がニコ生であるのでこちらは要チェックですね。 
http://live.nicovideo.jp/watch/lv180441115?ref=top&zroute=index

Pocket

初音ミクV3買いました。

初音ミクV3バンドル版をAmazonにて17,544円で買いましたw
初音ミクV3バンドル版

このソフト、昨年9月26日に発売したのですが、今までと何処が違うと言うと、
VOCALOIDのエンジンがV2からV3にアップしてより自然な声に若干ながら近づいた事と、
DAWやソフト音源と言った楽曲作成に必須のソフトが付属している事ですね。
初心者にとっては特に後者が付いて来ると言うことが非常に大きいと思います。

初音ミクV3を1本で曲を作れるようになりましたからw

バンドル版とそうでない物の違いは、英語音声の有無です。
使わないと決めている方は、通常版で良いと思いますが、迷っている場合は、
後から追加がだと手間とお金が更に掛かるので、バンドル版の購入をオススメします。

さらに、今月28日までのユーザー登録でCUBASE LE 7という別のDAWソフトも
無料でGET出来ます。
http://www.dtmstation.com/archives/51881137.html
初代初音ミクユーザーも対象ですので、持っている方は忘れずに貰っておきましょうw

ちなみに初音ミクV3付属のStudio One Artist Piapro Editionとの一番の違いは、
VSTというプラグイン規格を持つソフトウェア音源やエフェクトプラグインを追加出来る事です。
外部から違う音色を取り入れられるというのは大きいのじゃないでしょうか。

消費税増税もありますし、初音ミクV3購入で迷っているなら今だと思います!

…と色々と解説しましたが、DTMは大学にいた時に授業でチョット触った程度なので、
使いこなせるかは分からなかったり(ぇー

Pocket

2013年秋新作アニメレビュー

前回のBlogから、いろいろあって久々更新です。
季節はもう秋に、結構あっという間という感じでした。
早速秋の新作アニメの感想を書きたいと思います。

・境界の彼方
http://anime-kyokai.com/
京都アニメーションの最新作。原作は中二病でも恋がしたい!等と同様KZエスマ文庫で、
実質的なオリジナルアニメーション作品と言っても良いと思います。

この作品は、半妖の少年と血に纏わる異界士の少女が出会うという…これだけ書くと
なんか犬夜叉のパクリみたいに見えますが全然違います(笑)

一言で表すと、学生生活の日常に異質なものが入ってきている的な話ですね。

アニメの作画は流石京アニで素晴らしいです。今作は特に色使いが綺麗で最高です!
最近の京アニは脚本が微妙な物が多かったですが、今回は結構引き込まれる感じで
良いと思います。

…とここまで普通に感想を書きましたが、個人的に驚いたことが一つあります。
それは舞台が私の地元の奈良な事w
http://kbas.ifdef.jp/burari_kyokana.html

近鉄特急22000系(ACE)がOPや本編に出てくるのでおっ。と思い調べてみたら、
1話で登場する駅のホームが、何と私が通勤の乗り換えで毎日利用している
大和西大寺駅の5・6番ホームが出てるじゃないですかww
他にも三条通りのサイゼリアも、結構目の前通る所だしw
行ったこと無いけど奈良ホテルも登場するみたい。
こんな身近な所アニメの聖地が出来るとは…嬉しい限りです。(^^

他にも本編中に出てくる公園みたいな所や弁当屋さんは、2年前に映画けいおん!を
見に行った映画館のあるイオンモール高の原からの近くだったり。

いやー地元が舞台でアニメが出てくるとは思わなかったので、視聴継続決定です。
観光や町おこし等でイベント、なんかやってくれると面白そうですね。

・ゴールデンタイム
http://golden-time.jp/
竹宮ゆゆこさんのラノベが原作の作品。この方はとらドラ!が有名ですね。
原作イラストは駒都えーじさんで、個人的には懐かしいイラストだなという印象でした。

内容はとある大学を舞台にしたラブコメという感じですが、1話は主人公の今の状況と
キャラ紹介的な話でした。ただ、とらドラ!作者原作だけあって、展開がかなり変わっていて
主人公が傍観者的な立場になってます。(笑)

OP・ED、ヒロインの香子さん声が堀江由衣さんなのでほっちゃん好きな人は、
是非オススメな感じに仕上がっていると思いましたw
特にED曲のの完成度が高く素晴らしいので是非聴いてみてください。

Pocket

リトルバスターズ!~Refrain~PV公開!

ここからが本番とも言える、リトルバスターズ!~Refrain~のPVが公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=uNEQUd7BT_U

このPV『遥か彼方』というゲームでの挿入歌が流れるのですが、やはりこの曲は良いですね。
物凄く雰囲気が出ていて良い感じです。

これは是非720pHD画質にて視聴をオススメします。

1期目に関しては、ここをもっと工夫したら面白くなるのにとか、ここを回想で済ますのは
勿体無いとか、逆にここはダラダラやる必要ないだろうとか色々思ったりしたものですが、

リフレインでは前作のいい所はそのまま、微妙だった所は直してもらって、
最近のJ.C.STAFFは物凄く頑張っている勢いがリトバスリフレインでも続いたらなと
期待していますw

Pocket

2013年夏新作アニメレビュー

現時点で見た作品からレビューを書きたいと思います。

・<物語>シリーズ セカンドシーズン
http://www.monogatari-series.com/2ndseason/

TVアニメが3期目突入の定番シリーズ。
今回は放送前、読売新聞に一面広告が出てましたw
今作に関しても安定感はバッチリで非常に安心して見られる作品に仕上がっている印象です。
雰囲気的には化物語よりは軽い雰囲気で見やすく、偽物語よりは遊びが若干少な目で
丁度いいかなと思いました。

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
http://anime.prisma-illya.jp/

Fateシリーズのスピンアウト作品で、設定が元の作品から別物というくらい
変わってますが、キャラクターの性格はそこそこ引き継がれている模様ですw
ハチャメチャで面白いんですが、キャラデザで目が大きめに描かれているのが好きな
私でも大きいと感じる点と、顔全体のバランスがちょっとイマイチな感じなのが、
チョット気になりました。

あと、元々の原作からそうなんでしょうがステッキが喋りまくり
インパクトありまくりで、ヒロインが地味に見えます(笑)

・ローゼンメイデン
http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/

7年ぶりに新作アニメが作られた作品で、旧作とはアニメ制作会社や
スタッフが大きく変わっています。
その為キャラデザが大きく変わったり、キャラの性格も以前と違った印象です。
現時点では見慣れた旧作の方が好きですが、これは先の展開次第で変わってくると
思います。

1話を見る限りの印象ですが、過去の話がかなり端折られて一気に進む感じで、
視聴者置いてけぼり感が結構ありました(^^;
2話以降の展開に期待です。

EDは、前作に引き続き、桃井はるこさんが作詞作曲をされているのですが、
これが小学生は最高だ!という台詞を曲中に入れてしまったトンデモ作詞で、
ビックリしましたw

・きんいろモザイク
http://www.kinmosa.com/

まんがタイムきららMAXで連載中の4コマ作品です。
アニメ制作がAチャンネルのStudio五組ということでしたが、Aチャンネルよりも
かなり良くなってますw
キャラクターがみんな可愛く、声優の声もバッチリ合ってますし、脚本もヒロインの忍が
イギリスでホームステイしていた頃に時間を大きく割いているので、
初見の人でも入りやすい作りになってると思いました。
ほのぼのとした雰囲気ながら、テンポも良く今期一番のオススメ作品ですね。

OP・ED共にメインキャストの5人が歌っていますがこの曲の完成度も高く、
早速CD予約しましたw

あの、けいおん!以来のヒットを予感させる作品だなと思いました。

Pocket