ラブライブ&魔法少女リリカルなのはクレカ登場。

なんとなしにクレジットカードの情報を調べてたらラブライブとなのはの
カードが出ていて驚きましたw

・ラブライブ!オフィシャルクレジットカード
http://news.lovelive-anime.jp/app-def/S-102/news/?p=7567

・魔法少女リリカルなのは INNOCENT VISAカード
http://nanohain.com/creditcard.html

まずラブライブですが、けいおんカードと同じく三菱UFJニコスのVIASOカードの
一つで、こちらは既に1/22より募集開始しています。
カードのデザインは、税印集合のオーソドックスな感じに仕上がっています。
おそらく三井住友発行のアイマスVISAとガチバトルが繰り広げられでしょうw

そして、魔法少女リリカルなのは INNOCENT VISAカードですが、このカードデザインは、
萌えクレカの中でも店の人に渡すハードルかなり高そうな印象(苦笑
なんかおもちゃのカードみたいに見えるのですよね。(^^;
つか三井住友よ、アイマスVISAですらロスで日本人が誤認逮捕されているのに、
その上を行くデザインのカードを作るかとツッコミ入れたくなりましたがw
このカードに関しては、あらぬトラブルに巻き込まれないためにも、海外利用は
控えたほうがよろしいかと私的には思います。(^^;

募集は2/2からだそうです。

個人的にはかなり好きなデザインなので、なのはカード欲しいのですけどね(ぇー
アニメイトなんかで使いたかったりw

Pocket

最近の話題。

先週からBlogページの移動作業を始めてようやく終了。
作業途中で今までのBlogデータを一旦削除した関係で閲覧出来ない期間があり失礼
しました。

さて、最近気になった話題が幾つかあったので書きたいと思います。

・ガラホ?登場。
見た目はガラケーだけど中身はAndroidでスマホというAQUOS Kがauより発売する
みたいです。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150119_684194.html

この端末、auの将来の為に開発した印象が強いと思いました。
何故かと言いますと、3Gの規格が国内ではauのみ利用するCDMA2000方式という方式を
利用しており、端末調達の都合上、出来る限り早い時期に終了させたいという思惑が
あるからです。

その為、LTEで音声通話が可能なガラケーが将来必要になってきます。
ところが、現在のガラケーだと3G規格に対応した物しか対応しておらず、
新規開発する必要があるのですが、ガラケーは昔ほど売れないのでそこまで
開発費を掛けられない。という訳でAndroidで開発したという所なのでしょう。

これは、au社内で「ネスクトフューチャーフォン」と呼ばれているあたりからも伺えます。

ただ、今回のAQUOS K SHF31に関しては取り敢えず作った感が強いですね。
何故なら、わざわざAndroidにしておきながらVoLTEに対応していない…(汗
肝心の通話音質が普通の携帯レベルなので、今回購入するメリットはないですね(ぇー

VoLTEに対応するであろう将来の機種に期待です。

・2008年8月ワンフェスエスカレータ事故の調査報告書が公表に。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150119-OYT1T50025.html

6年半前の話なので、あまり話題にはなっていないのですが、ついこの間調査報告書が
公表されたみたいです。
それによりますと、事故の主原因は重量超過ではなく部品の溶接不良や固定ボルトの
緩みでモーターの位置がずれからみたいです。
なので、施工不良や経年劣化による不具合だったみたいですね。

今までは重量超過が原因と言われていて、エスカレーターの不具合はそれ程問題に
されていなかったですが、今回それが違うことが分かったという事で、
個人的には結構大きなニュースだと思いました。

・SHIROBAKO 14話これは凄い!
http://shirobako-anime.com/

昨年10月からアニメ制作現場を舞台にした「SHIROBAKO」というアニメが放送中で、
前からアニメ制作現場を細密に再現してるアニメとして良い作品だと思い見てますが、
14話では、声優オーディションや、配役を決める会議の様子が描かれていて、
非常にリアルな感じに描かれていて驚きました。

正直、こんな内容で出していいのかと心配になるくらいの出来だと思ったり(^^;

アニメ好きなら必ず見ておいたほうが良い作品だと思います。

Pocket

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

さてさて、2015年始まりました。
今年は飛躍できる年に出来たらなと思っています。

今年は、早速TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』が始まるので、
今から楽しみです。それと春以降だと、麻枝准が全話脚本の『Charlotte』や京アニ
新作の吹奏楽部を舞台にした『響け!ユーフォニアム』が始まるのでこちらも期待です。

ちなみに一昨年は、アスナのねんどろいどが当たりましたが昨年は大抵当たる、
せんとくんプレミアム商品券を購入出来る権利が当たったくらいで
何もなかったです(苦笑)

そして読者プレゼントで久しぶりに狙ってみようとCharlotteの記事が載っていることも
あり、G’sマガジンを購入。
電撃G'sマガジン2015年2月号
ところが、なんと読プレが廃止されWebアンケートのみになっていて結構凹みましたorz

昨年は、iPhoneを導入して、外で何時でもネット出来る環境になりました。

今年は、未だADSLな自宅ネットを光に変えたいと思います。
なにしろiPhoneの速度を計測すると、自宅の無線LANでは下り8.4M/上り1Mなのですが、
mineo(格安SIM)のLTE回線だと速い時自宅で下り50M/上り10Mっていう結果出てビックリw

流石に外ではここまで速度が出る事が少ないものの、モバイル回線のほうが速い現状は、
どうにかしたいものですw

あとはDDR4メモリが普及価格帯に降りてきたらパソコンのCPUやマザーボードを
買い換えたいと思います。まあこれは2016年くらいになりそうですがw

それでは、今年もよろしくお願いします。

Pocket

麻枝准 5年ぶりの新作アニメーション「Charlotte」発表!

月曜日にANIPLEX×Key Presents新プロジェクト& Angel Beats!新情報発表会(ニコニコ生放送にて中継)
にて発表された麻枝准さんが全話脚本の新作アニメーション「Charlotte」が発表されました!
http://dengekionline.com/elem/000/000/979/979418/

いや~これは本当に驚いたw
まさか、PA Worksと麻枝准が再びタッグ組んでアニメを制作する事になるとは
予想もしてませんでした。
ANIPLEXのプロデューサー鳥羽さんによると2年前から構想があり、準備が進められていた
との事。その間ずっと隠されていたみたいです。
最近、Keyの周辺の動きが全然無いと思っていた矢先の発表でビックリですよw

PA Works社長の堀川 憲司さんも仰られてましたが、今のPAはSHIROBAKOを見ていて
本当に成長したアニメ制作会社になったと思います。
AB!の頃とは良い意味で期待を裏切る作品になる事を今から期待しています!
TVアニメ「Charlotte(シャーロット)」公式サイト

今月27日発売のG’sマガジン2月号にてCharlotteの麻枝准が等へのインタビュー記事等の
特集が組まれるそうで、これは絶対入手ですわw

同時に、Angel Beats!の最新情報も発表があり、Angel Beats!のPCゲーム版の発売日が
来年5月29日(金)に決定したようです。
http://dengekionline.com/elem/000/000/979/979446/

PCゲームでは前代未聞の6分割発売ってのが引っかかりますが(苦笑)
シナリオは全て麻枝准さんが手掛けるそうなので、こちらにも期待ですね。
http://key.visualarts.gr.jp/angelbeats/

ゲーム版オリジナルの新主題歌「Heartily Song」も作られ、作詞・作曲 麻枝准、歌Liaという
鉄板の組み合わせでこちらにも期待です。

つか、麻枝さん多忙すぎで体調大丈夫なのか心配なのですが(^^;
ご本人は、仕事しているのに、していないとネット上等から言われて大変だったとか(苦笑)

また、6月にはAngel Beats!のBlu-ray BOXの発売となるそうで、こちらにAB!新作アニメが
一本入るみたいです。
http://dengekionline.com/elem/000/000/979/979437/

それと、Key15周年フェスが来年4月11~12日に開催されるとの事。
http://otakomu.jp/archives/197337.html

1時間の発表をニコニコ生放送にて見ましたが、いやーここまで盛沢山な内容とは
予想外でした(^^;
これは、コミケのKeyブースが大変賑やかな事になりそうです。

Pocket

2014秋アニメレビュー その3

台風が過ぎ去りましたが、私の所は雨風共それほどでもなく良かったです。
それでは秋アニメレビュー その3、いきたいと思います。(^^

・デンキ街の本屋さん
http://umanohone.jp/

日本のとある電気街」に建つ架空の書店「COMIC うまのほね」を舞台にしたラブコメアニメ。
まーどう考えても、元ネタはと○のあなでしょうがw「みかんBOOKS」も原作中に
出てくるらしいしw

この作品は、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」といった長期放送中のアニメを
手掛ける老舗のシンエイ動画が制作しています。

映像が特別美しいとかそういうのは無いのですが、同人誌を扱う書店の裏側が
見れるような作りで面白いですw
2話では電気街の運動会で登場キャラがブルマで出てきたり、パンツ食い競争という
滅茶苦茶な競技が出てたり、桃井はるこさん担当のSSDちゃん登場で混沌としてますが、
作風からしたらピッタリあってますし問題ないでしょうw(ぇー
結構このアニメもオススメですw

・グリザイアの果実
http://www.grisaia-anime.com/

フロントウイングが2011年に発売した美少女ゲームのアニメ化作品です。
訳ありの少女5人”のみが”通う私立美浜学園に主人公が入ったところから物語が始まります。
このアニメは、日本の連続テレビアニメとしては初の全て画面比率2.35:1(シネスコサイズ)で
制作されているのが特徴で、新しい事にどんどん挑戦していこうという制作スタッフの
意図が伺えます。ちなみにモニタアス比に換算すると21:9とのこと。

…もっとも今の所パンツもろ出し作品にしか見えませんがw(ぇー
ただ1話終盤に各ヒロインの裏を伺い知る事が出来るような形で終わっていて、
続きが大変気になりますね。

それにしてもこの作品、OPの出来が映像・音楽共に素晴らしい。
これはCD買おうかなと考え中です。(^^

・旦那が何を言っているかわからない件
http://www.dreamcreation.co.jp/danna/

いつもは、短時間アニメは取り上げないのですが、田村ゆかりさんメインの作品は
波打際のむろみさんと良い、ヒットしてますので書こうと思います。
まず、ゆかりんによくこんな役やって貰えたなぁというのが最初の感想w

それと女性キャストが全て独身で揃えたのも凄いなと(^^;
5分アニメなのでかなり詰め込んでますが、話の取捨選択が上手く、制作スタッフの
凄さを感じますw

Pocket

2014秋アニメレビュー その2

13日の夕方~晩頃に台風19号が直撃の可能性が高く心配…(汗
さらにJRは関西エリアで明日午後4時以降に関しては終日運転見合わせという前代未聞の
事態になってます(^^;
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC12H01_S4A011C1AC8000/

もっとも関西私鉄各社は「今が稼ぎどきだー」ってなってる所もありそうですがw
南海と近鉄の一部の除いて、殆どが標準軌を採用しているのでJRより安定感ありそうだし(^^;

さてさて、秋アニメレビュー第2弾書いていきたいと思います。

・selector spread WIXOSS
http://selector-wixoss.com/

春に放送していた、selector infected WIXOSSの続編です。
1期開始当初はカード販促アニメと呼ばれて、あまりシナリオ面で期待されてません
でしたが、カードの中に友達が入ってしまってカード内のキャラが利用者に乗り移る
というまどマギよりも救いようがなく、それでいてやたら作りこまれたストーリーで、
アニメファンを驚愕させた作品です。(^^;

今作では、前作のラスボス的存在だった伊緒奈がカード化して主人公のるう子の手元に
ある状態という、既にかなり恐ろしい所から始まっています。
晶の性格の悪さも健在で、声優さんの悪役を演じる能力パワーアップしてるなと思ったりw

今回もシナリオ面がかなり作りこまれている印象で今後に期待ですね。

・ SHIROBAKO
http://shirobako-anime.com/

アニメ制作現場をアニメ化するという、ありそうでなかった斬新アニメ(ぇ
初っ端から、頭文字Dばりのカーチェイスを展開して度肝を抜かれましたw

業界用語や独特の習慣が出てきますので結構話に付いて行くのが大変です(^^;
しかし、、長年ドラえもんの制作進行等をされているベテランの水島努さんが監督な関係からか、
P.A.WORKS色が薄く、今までと大分違う雰囲気ですが、非常にテンポよく話が進んで面白いです。
最近のPAは絵だけ綺麗で中身ない印象だったので、今作でイメージ大分変わったと感じますね。

アニメ好きなら是非見ておくべき作品だと思います。

・大図書館の羊飼い
http://www.daito-anime.com/

オーガストの美少女ゲームの最新作のアニメ化作品です。
ただ、原作は特にイラストのクオリティが高いのが特長ですが、このブランドのアニメ化は、
毎回不遇な扱いを受けてまして、夜明け前より瑠璃色なでは特にキャベツの作画があまりに
酷く、キャベツアニメと呼ばれネタにされてました。(^^;

そして今作なんですが、正直今時のアニメにしては作画が微妙ですね(苦笑
特に色指定の微妙さや全体の色合いの薄さが気になります。
あとキャラ紹介の場面でイメージの花を大きく入れる形になっていてクドい。
シナリオ展開や雰囲気は悪くないのでちょっと残念な感じです。

また1話は一般的にアニメ全体の中ではクオリティが高いケースが多いので、今後さらに
質が落ちないか心配ですね。(^^;

Pocket

2014秋アニメレビュー

毎度おなじみアニメレビューです。
夏は、期待していた作品がイマイチで書くのをスルーしましたがw(ぇー
一転今年の秋はレベルが上ってどの作品も面白いです。
まずは注目の3作品の紹介です。

・天体のメソッド sora no method
http://sora-no-method.jp/

「Kanon」のシナリオを手掛けた久弥直樹さん原案の「sola」以来7年ぶりの新作。
H.N.のとおり、Kanon好きな私としては絶対見逃せない大本命w

この作品、まず主人公の乃々香を始めキャラクターがみんな可愛い。
それとやはり雰囲気が温かく、キャラの性格がKanonに通じるものがあるなと感じます。
シナリオも、出だしは元いた街に久しぶりに戻ってきたという話で、Kanonの祐一が
乃々香に置き換わったような感じですね。

そして、ノエルがあゆちゃん的存在に見えてきますw
温かい雰囲気と、独特の心地よさのある良い作品だと思います。

そしてOPの「Stargazer」という曲が、昔のI’veの雰囲気が残っている曲でこれもグッド。
ジャケットのノエルのイラストも可愛いので購入しようかなと考えています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00MMHFP1S

・甘城ブリリアントパーク
http://www.tbs.co.jp/anime/amaburi/

「けいおん!」、「涼宮ハルヒの憂鬱」等数々のヒットを飛ばしている
京都アニメーションの新作。
最近は、自社ラノベレーベルからのアニメ化が多く、あまり面白くない感じが
あったのですが、今回はフルメタの作者の賀東招二さん原作の作品で安心感があります。(^^

実際、1話を見てみるとテンポが良く、フルメタのボン太みたいなキャラクターの
モッフルが登場したりして、フルメタシリーズを見ていた人も楽しめる内容に
なってました。
閉園危機の遊園地を立て直すというところから話を広げるというのも着眼点が素晴らしい。
そして、支配人の少女が魔法の国の王女というも遊園地のメルヘンさとマッチして
面白いですね。

ちなみに、私の地元奈良にもシンデレラ城のパクリのような城のあるドリームランドという
遊園地がありましたが、閉園近くになると甘ブリと大差ない状況になっていた上、
閉園後跡地に火葬場建設計画が出たりと(その後近隣住民の反対により頓挫)、
全くドリームじゃない状況が続いてたりします。(苦笑)

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
http://www.fate-sn.com/

これは「空の境界」、「FateZero」を制作していたufotableが「Fate/stay night」の
再アニメ化を手掛ける注目の作品ですね。
発表された当初は10年前の原作を再びアニメ化するということで驚きました。
以前アニメ化された際は、全ルートを折衷した内容でバラバラで纏まりの無さが問題と
されていましたが、今作では”Unlimited Blade Works”という遠坂 凛のシナリオに
絞った形にして、しっかり描く内容になっているのが特徴です。

元々のufotableのクオリティには定評がありますので、原作ファンが安心して
見れる内容だと思います。
約1時間あった0話を見た感想ですが、原作を忠実に描いている印象で良かったです。
本日深夜放送される1話にて初めて流れるEDテーマ曲 Kalafina 『believe』も注目ですね。

Pocket

思い出のマーニー

公開初日の昨日の朝一番に近所の映画館で見てきました。 
喘息を患う少女、杏奈の病気を改善するために、頼子さんが杏奈を釧路へ行かせる所から、 
物語が始まるのですが、展開的に米林さんの初監督作品「借りぐらしのアリエッティ」に 
似てるなと思いました。 
思い出のマーニー パンフレット

冒頭の目に見えない魔法の輪があって内側と外側があると杏奈が語るシーン。 
自分も、昔から人付き合い苦手で外側に居ることが多い感じなので、心に刺さる物あったり(^^; 
同年代の子を避ける杏奈の気持ちはよくわかりますし、クラスメイトが自宅に来るシーンあたりは 
自分も経験があるので結構リアルに描いているなと思いました。 

中盤は、マーニーと杏奈が一緒に居るシーンが増えてきますが、あれだけ見ると、 
監督は金髪少女とキャッキャウフフしてるシーンを描きたかっただけじゃないのか? 
と勘ぐってしまいましたがw(ぇー 

きんいろモザイクの忍ちゃんが「キンパツ!」連呼して絶賛しそうなアニメだなと(笑) 

ボツコピーが『ふたりだけの禁じられた遊び』や『ふたりだけのいけないこと』だった 
あたりから制作サイドも少しは意識していたのは間違いないw 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140718-00000007-sasahi-movi 


それと、杏奈が道端で倒れ込んでるシーンが多いので、犯罪に巻き込まれないのだろうかと 
アニメ中のキャラクターながら心配になりました(苦笑) 

でも、マーニーの正体が終盤に明らかになると、色々と伏線が繋がって感動しますね。 
劇場で泣いておられる方も結構居ました。 
派手さはないものの、変な癖もないので作品の中にすんなり入りやすい印象です。 

見に行くなら静かに映画を見れる人と見に行くのがベストでしょうね。 
私は相手が居ないので一人で観に行きましたが(^^; 

ジブリ作品としては地味ですが、綿密かつ丁寧に作られているので、 
私はこの作品好きになりました。 

Pocket

ClariS、今年1月のZepp Tokyoイベント映像公開

まさかこのタイミングで映像公開するとはと思いましたが(^^; 
http://www.clarismusic.jp/ 

それもクララとアリス2人出てるシルエットシーン。 
今となっては非常に貴重な映像なので要チェックです。

Pocket

ClariS アリス卒業発表。

アリスの卒業発表してから数日が経ちましたが、私的にはやっぱりショックが 
大きく…(汗 
http://www.sonymusic.co.jp/artist/claris/info/440308 

職場で「クラリス」という抗生物質名前を見るたびあぁアリス卒業だなぁ… 
と考える日々…(ぇー 

ClariSを初めて知ったきっかけは、俺の妹がこんなに可愛いわけがないのOP曲、 
inoryですね。クララとアリス、二人のボーカルを最初に聞いた時からおぉーと 
思ったものです。 
それとまどか☆マギカでのTV版のコネクト、劇場前後編のルミナス、そして 
新編のカラフルで、無くてはならない存在になったと感じました。 

ちなみにこの二人、メジャーデビュー前はアリス☆クララだったそうです。 
ニコニコ動画にアリス☆クララ時代のがまだ残っていました。 
http://www.nicovideo.jp/mylist/15308474 

歌っているのが、けいおん!やとある科学の超電磁砲の楽曲と、個人的にはストライク 
ど真ん中のものばかりなんですがw 
アリス卒業の機会に改めて今聞くのも新鮮で良いと思います。 

今年の1月には ClariS presents 「2014 New Year’s Festival 始まりの予感・・・」 
というイベントでシルエットでの登場があったりしただけに今後出てくるのかなと期待した 
矢先に、まさかのタイトル通りの予感だけでしたという事になるとは…(^^; 

色々と詳しく調べてみると、元々クララさんの方からアリスさんを誘ったというところから 
始まったそうなので、その辺りのから、将来に対する想いの違いがアリス卒業のきっかけに 
なったような気がします。 

学業に専念するためとの事ですが、一時休止ではなく卒業というのが、私個人としては、 
残念だなと思う気持ちであります。 

公式サイトには、「ClariSは次なるステージを準備中」と書かれていますが、残った 
クララ一人で頑張って欲しいと思うファンが多いと思います。 
もし、新たに別の方が入るの形になると、気分的に複雑に思うのは私だけでは 
無い気がします。 

ともあれ、今回卒業するアリスさんやクララさんが残る今後のClariSを、遠くからですが 
見守っていきたいと思います。 

まずは、ClariS 3rdアルバム発売記念 全曲先行試聴会イベント 
「”PARTY TIME”前夜祭」がニコ生であるのでこちらは要チェックですね。 
http://live.nicovideo.jp/watch/lv180441115?ref=top&zroute=index

Pocket