2014年春アニメレビュー

今期は、最初あまりいいアニメが無いなという印象でしたが、見ていくと徐々に
面白くなるタイプの作品が多い気がします。

・ノーゲーム・ノーライフ
http://ngnl.jp/
天才ゲーマー兄妹が異世界でゲームに挑んで攻略していく作品。
設定が綿密に組まれていてこれぞラノベって感じ出来ですね。

これは3話の駒が意思を持つチェスでほとんどルール無視で評価が割れましたが、
私はあれで、既存のゲームに囚われない自由さがあって良かったと思います。

それにしてもこの作品、原作が榎宮祐さんという方がイラストとシナリオを
一人が行っていると知りびっくりしましたw
タイトルがシンプルで分かりやすいのも好きになりました。(^^

・魔法科高校の劣等生
http://mahouka.jp/
放送前は宣伝に力を入れていて、今期の主力作品として登場させたいという印象が強かったのですが、
蓋を開けてみると、正直なんとも微妙な感じ…
中二病でも恋がしたい!だと中二病をネタに利用してましたが、
こっちはガチにカッコつけてる感が凄い…

それと主人公が全然劣等生じゃねーしw
バトルシーンが毎度となくあっさり決着ついてこの兄妹最強だろとw
バランスがおかしいです。

ラノベは売れたみたいですが、アニメは正直厳しそうな気がします(^^;

あとタイトルが野暮ったくてセンスが無い。
学園モノなんてありふれているので「魔法科の劣等生」と高校省いても
良いのじゃないかと思ったり。

と、まー色々書きましたが視聴は継続しますw(ぇー

・ご注文はうさぎですか?
http://www.gochiusa.com/
これは、昨年やっていたきんいろモザイク好きな人なら必ず好きになるかと。

出てくるキャラみんな可愛く、適度なキャラクターの特徴付けがあってなかなか面白いです。
作画の質も高いので、まったりできる癒し系作品だと思います。

まー少々やりすぎてあざとい感じはあるのが欠点ではありますが(^^;

でも、穏やかな気持で見れる数少ない作品でオススメです。(^^

Pocket

明けましておめでとうございます。

2014年始まりましたね(^^

今日新聞見たら、ソードアート・オンラインの一面カラー広告出てて新年早々驚きましたw
それも中々良いイラストで良かったです(^^
個人的には昨年娘TYPEであすなのねんどろいどを当てた事もあり新作アニメが楽しみです。

それと今日は運試しにそに子の一番くじ引いてきました。
結果はJ賞ステッカーセットで微妙な感じでしたが(^^;
まーステッカーのイラストは中々良い感じかな。

今年の抱負は、昨年は守りに入り過ぎたと感じたので、もっと新しい事に
挑戦したいと思っています。

それでは、今年もよろしくお願いします。

Pocket

今年ももうすぐ終わりです。

2013年もあと僅かとななりました。
結構あっという間に過ぎた一年だったと思います。

今年は、アニメ映画の見た本数が過去最多の7本になりました。
近くの映画館でいろいろ上映してたからではありますが、
まさかこんなに見ることになるとは思わなかったので自分でもビックリですw
今年見たのは以下の作品となります。

・とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇跡-
・花咲くいろは HOME SWEET HOME
・AURA(アウラ)~魔竜院光牙最後の闘い~
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ
・風立ちぬ
・魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
・かぐや姫の物語

全てパンフレットも購入しました。AURAのパンフは1,500円もして映画見るのと
同じ位かかるじゃねーかとツッコミ入れたくなりましたが、一応内容を
見て納得はできたかなと。原作の田中ロミオさん好きですし。

どの作品も良かったですが、特に素晴らしかったのは、まどか☆マギカとかぐや姫の物語。
前者は変身や戦闘シーンの映像が凝っていてよく動きシナリオも前作以上の
予想外の展開で驚き、後者は、鉛筆書きを活かすとこうも印象に残る作品が作れるのか
という凄さを感じましたね。

一方、TVアニメの方は、平均的な質は高かったものの、飛び抜けた作品は無かった
感じですね。
敢えて挙げるならD.C.Ⅲは好きでした。(笑)
シナリオは軽いものですが、キャラクターが可愛く描かれていたのが良かったかなと。
要は絵が自分好みなだけではありますがw

正直、TVアニメはまどかが凄すぎるわ、ジブリの巨匠監督2本立てのインパクト圧倒的さで、
霞んでしまった感があります。(^^;
コンピュータ関係に関しては今年は完全にパソコン売れない年になりましたね(苦笑)

AMDはゲーム機に力を入れている状況で自作向けで重要なFXシリーズの将来が見えて
来ない状況ですし、Intelに関してもパソコン自体が売れない状況で安泰とはいえず、
後追いのタブレット向けCPUを必至に開発しているという状況で中々厳しい年に
なったのではないでしょうか。

Win8に関しても発売早々導入したものの、正直パソコンで使うには操作性がWin7に劣ってますし、
タブレットにしても、iPadの方が使いやすいと中途半端で微妙な印象でした。
後半にWin8.1に更新されて少し改善しましたがまだ微妙な感じは否めないですね。

さらに、円安でパーツの値段上がって高くなっている上、性能向上があまり進まず、
自作PCユーザーとしては少々詰まらない一年だったという感じです。

来年は、タブレットやスマホ向けのCPUの情報もう少し収集したいですね。
それと、なにか新しい事に挑戦したいと思います。

それでは、良いお年を~

Pocket

かぐや姫の物語

今年はアニメ映画を見に行った本数がこの作品で7本目になりました。
近くの映画館でいろいろアニメ作品やってくれたのが大きいですね。

さて、かぐや姫の物語ですが、作品制作が発表された当初は独特なタッチの
イラストだったのであまり期待していませんでした。
ですが、まどか☆マギカを見に行った際の予告編で背景とキャラクターが一体となって
動く映像を見てこれは凄いと思い今日見てきました。
かぐや姫の物語 パンフレット

今までの高畑勲監督の作品は、社会へ訴えかける作品が多く、面白さに
掛ける印象でしたが、今作に関しては竹取物語をあまり知らない私が見ても面白いです。

まず、「ジブリ史上最高の絶世の美女現る」との触れ込みですが、これは本当にそう感じたりw
小さい頃は可愛らしいし、成長するにしたがって本当に美しく描かれてます。
「かぐや姫の犯した罪と罰」というのも納得。
関わった人が結果的に不幸に遭うケース多いですからねぇ。

それと、女童(めのわらわ)が良い所で沢山出てきて面白いw
なんか憎めないキャラですw

ただ、やはりジブリの割には見る人選ぶ印象はありました。
かぐや姫は良く言えば天真爛漫で可愛いですが、見ようによってはわがままな姫ですし、
終盤に捨丸と再会したあたりは捨丸の嫁さんの立場どうなるんだ的な感じだしw
仕事をバリバリこなす現実主義者ってな人には合わないだろうなと思いました。

それと、主題歌聴いて好きになりました。二階堂和美さんは初めて知りましたが、
中々良い歌声だと思い、主題歌シングルを楽天ブックスで注文してみたりw

宮崎駿監督の風立ちぬに対してどう対抗するのか楽しみでしたが、水彩画タッチで
動く映像と、竹取物語という定番のお話をベースに膨らませていく手法で双璧を成す、
素晴らしい作品に仕上がっていると感じました。

Pocket

2013年秋新作アニメレビュー

前回のBlogから、いろいろあって久々更新です。
季節はもう秋に、結構あっという間という感じでした。
早速秋の新作アニメの感想を書きたいと思います。

・境界の彼方
http://anime-kyokai.com/
京都アニメーションの最新作。原作は中二病でも恋がしたい!等と同様KZエスマ文庫で、
実質的なオリジナルアニメーション作品と言っても良いと思います。

この作品は、半妖の少年と血に纏わる異界士の少女が出会うという…これだけ書くと
なんか犬夜叉のパクリみたいに見えますが全然違います(笑)

一言で表すと、学生生活の日常に異質なものが入ってきている的な話ですね。

アニメの作画は流石京アニで素晴らしいです。今作は特に色使いが綺麗で最高です!
最近の京アニは脚本が微妙な物が多かったですが、今回は結構引き込まれる感じで
良いと思います。

…とここまで普通に感想を書きましたが、個人的に驚いたことが一つあります。
それは舞台が私の地元の奈良な事w
http://kbas.ifdef.jp/burari_kyokana.html

近鉄特急22000系(ACE)がOPや本編に出てくるのでおっ。と思い調べてみたら、
1話で登場する駅のホームが、何と私が通勤の乗り換えで毎日利用している
大和西大寺駅の5・6番ホームが出てるじゃないですかww
他にも三条通りのサイゼリアも、結構目の前通る所だしw
行ったこと無いけど奈良ホテルも登場するみたい。
こんな身近な所アニメの聖地が出来るとは…嬉しい限りです。(^^

他にも本編中に出てくる公園みたいな所や弁当屋さんは、2年前に映画けいおん!を
見に行った映画館のあるイオンモール高の原からの近くだったり。

いやー地元が舞台でアニメが出てくるとは思わなかったので、視聴継続決定です。
観光や町おこし等でイベント、なんかやってくれると面白そうですね。

・ゴールデンタイム
http://golden-time.jp/
竹宮ゆゆこさんのラノベが原作の作品。この方はとらドラ!が有名ですね。
原作イラストは駒都えーじさんで、個人的には懐かしいイラストだなという印象でした。

内容はとある大学を舞台にしたラブコメという感じですが、1話は主人公の今の状況と
キャラ紹介的な話でした。ただ、とらドラ!作者原作だけあって、展開がかなり変わっていて
主人公が傍観者的な立場になってます。(笑)

OP・ED、ヒロインの香子さん声が堀江由衣さんなのでほっちゃん好きな人は、
是非オススメな感じに仕上がっていると思いましたw
特にED曲のの完成度が高く素晴らしいので是非聴いてみてください。

Pocket

リトルバスターズ!~Refrain~PV公開!

ここからが本番とも言える、リトルバスターズ!~Refrain~のPVが公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=uNEQUd7BT_U

このPV『遥か彼方』というゲームでの挿入歌が流れるのですが、やはりこの曲は良いですね。
物凄く雰囲気が出ていて良い感じです。

これは是非720pHD画質にて視聴をオススメします。

1期目に関しては、ここをもっと工夫したら面白くなるのにとか、ここを回想で済ますのは
勿体無いとか、逆にここはダラダラやる必要ないだろうとか色々思ったりしたものですが、

リフレインでは前作のいい所はそのまま、微妙だった所は直してもらって、
最近のJ.C.STAFFは物凄く頑張っている勢いがリトバスリフレインでも続いたらなと
期待していますw

Pocket

2013年夏新作アニメレビュー

現時点で見た作品からレビューを書きたいと思います。

・<物語>シリーズ セカンドシーズン
http://www.monogatari-series.com/2ndseason/

TVアニメが3期目突入の定番シリーズ。
今回は放送前、読売新聞に一面広告が出てましたw
今作に関しても安定感はバッチリで非常に安心して見られる作品に仕上がっている印象です。
雰囲気的には化物語よりは軽い雰囲気で見やすく、偽物語よりは遊びが若干少な目で
丁度いいかなと思いました。

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
http://anime.prisma-illya.jp/

Fateシリーズのスピンアウト作品で、設定が元の作品から別物というくらい
変わってますが、キャラクターの性格はそこそこ引き継がれている模様ですw
ハチャメチャで面白いんですが、キャラデザで目が大きめに描かれているのが好きな
私でも大きいと感じる点と、顔全体のバランスがちょっとイマイチな感じなのが、
チョット気になりました。

あと、元々の原作からそうなんでしょうがステッキが喋りまくり
インパクトありまくりで、ヒロインが地味に見えます(笑)

・ローゼンメイデン
http://www.tbs.co.jp/anime/rozen/

7年ぶりに新作アニメが作られた作品で、旧作とはアニメ制作会社や
スタッフが大きく変わっています。
その為キャラデザが大きく変わったり、キャラの性格も以前と違った印象です。
現時点では見慣れた旧作の方が好きですが、これは先の展開次第で変わってくると
思います。

1話を見る限りの印象ですが、過去の話がかなり端折られて一気に進む感じで、
視聴者置いてけぼり感が結構ありました(^^;
2話以降の展開に期待です。

EDは、前作に引き続き、桃井はるこさんが作詞作曲をされているのですが、
これが小学生は最高だ!という台詞を曲中に入れてしまったトンデモ作詞で、
ビックリしましたw

・きんいろモザイク
http://www.kinmosa.com/

まんがタイムきららMAXで連載中の4コマ作品です。
アニメ制作がAチャンネルのStudio五組ということでしたが、Aチャンネルよりも
かなり良くなってますw
キャラクターがみんな可愛く、声優の声もバッチリ合ってますし、脚本もヒロインの忍が
イギリスでホームステイしていた頃に時間を大きく割いているので、
初見の人でも入りやすい作りになってると思いました。
ほのぼのとした雰囲気ながら、テンポも良く今期一番のオススメ作品ですね。

OP・ED共にメインキャストの5人が歌っていますがこの曲の完成度も高く、
早速CD予約しましたw

あの、けいおん!以来のヒットを予感させる作品だなと思いました。

Pocket

2013年夏アニメ私の注目作リスト。

今回は、夏の新作アニメの注目作をいくつか挙げてみようと思います。

最後まで継続視聴ほぼ間違いなしなのは以下の作品。
<物語>シリーズ セカンドシーズン
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
ローゼンメイデン
ロウきゅーぶ!SS

あと新作じゃないけど、劇場版 「空の境界」もテレビ初放送なので視聴確定。

数話見ながら検討なのは次の作品
きんいろモザイク
有頂天家族
神さまのいない日曜日
超次元ゲイム ネプテューヌ
ふたりはミルキィホームズ
恋愛ラボ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation

とりあえずこんな所。
もう数作はチェックするのが増えるかもしれませんが(^^;

Pocket

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~

前回は、ねんどろいどアスナの当選で浮かれて少々オーバーに書きすぎてしまい、
失礼しました。(^^;

さて、AURAなんですが、近くの映画館で今日から公開ということで見て来ました。
今作はCROSS†CHANNEL、人類は衰退しました、Rewriteのメインライターで知られる
田中ロミオさんの作品で、監督は、Angel Beats!や人類は衰退しました、ペルソナ4で
知られる岸誠二さんです。

感想ですが、学生時代をどのように送ったかによって印象かなり変わる気がします。
私は良い作品だと思いました。

まず、作画ですが、AURAは並のTVアニメレベル。似た作品と知られる中二病でも恋がしたい
の方が、京アニが制作しているだけに圧倒的に優秀で、
とてもじゃないですが敵いません。(笑)
但し、AURAに登場する良子や小鳩ちゃんといったキャラクターの可愛さでは
負けてないと思います。
もっとも声優の声や演技の良さで大分助けられているとは思いますが(^^;
なみに、良子の声が花澤香菜さんなので、Angel Beats!の立華奏がそのまま現実世界に
登場したって感じですw

脚本に関しては、意見は割れるかと思いますが、AURAの方がクラスメイトを中心とした
人間関係をリアルに描いていて完成度が高いと思いました。
まー見た人の大半が最後のネギまOP並の大量の机はどうやって積み上げたりしていったんだ?
というツッコミが大概入るでしょうけどw
そして、主人公の佐藤一郎のお母さんが、登場する場面が少ないながらも重要だと思いました。
なんか、一郎を心配する様子が自分の母と似ているなぁと思ったりも(^^;

結論としては、中二病ヒロインが好きだったりロミオファンなら是非とも観に行くべきと
言いたい所ですが、既に上映が終わっている所が多いので、今からだと円盤買わないと見れない
ケースが多いでしょうね(^^;
あと人類は衰退しましたに比べて、イマイチ盛り上がりに欠ける点も気になる所。
近所の映画館本日から公開で初回の上映回見に行きましたが、見ていた人
自分入れてたった9人でした(苦笑
流石にこれは少なすぎだと思います。
あと、前にも書きましたがパンフが1,500円と高いw
感動してしまったので買いましたが(爆
表紙にカバーが掛けられていて、カバーありだとコスプレ?姿の良子、
取ると制服姿の良子と、映画見た人にはちょっと嬉しい仕様になってました(^^
さらに原作も購入。これから映画との違いを感じながら読んでいきたいと思います。AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~パンフ、原作ラノベ

Pocket

劇場版 steins;gate 負荷領域のデジャヴ

先週の花咲くいろはに続き、シュタインズ・ゲート昨日見てきましたが、
いやーこれは本当に良かったw
2011年に最終話終了直後に劇場版制作決定の発表があって以来、大変楽しみに
していましたが、あれだけ隙のない完結したシナリオから、よく劇場版の
シナリオを追加できたなと思います。(^^

作りも丁寧で、声優の演技も上手く素晴らしかったです。
特に阿万音鈴羽役の田村ゆかりさん。出番が少ないながらも牧瀬紅莉栖を動かす、
重要な台詞のシーン。これぞ流石プロだなと思いました。

いきなり劇場版を見てもそれなりに楽しめる作りにはなっていますが、
ストーリーの全貌を理解するには最低、TVアニメ版の全24話を見ておく
必要はあるでしょう。
私は、ゲームは未プレイでTVアニメ版を見てこの作品を好きになりました。

さらに、別の世界線の記憶を思い出すシーンではTVアニメ版では出ない物もある為、
原作ゲーム版をプレイした方がより楽しめる作りのようです。

ちなみに、いろは同様この作品もパンフレットが高いです。(^^;
1200円と、毎月1日よりも高い価格設定は財布に厳しいw
また買いましたが(ぇー
このパンフレットはTVシリーズ版全24話のあらすじが書かれているので、
アニメを見た方が事前に買っておいて映画を見る前にチェックするのも
良いかもしれないです(^^

ちなみにタブレット端末等お持ちの場合はMOVE NEWSアプリ(700円)でデジタル版
パンフレットの閲覧が可能ですので、そちらをオススメします。

また、入場者プレゼントのエピソードミニ小説貰いましたが、正直これは
特典としては微妙ですね(^^;
あくまでシナリオ監修の方が書いたものですし、ホントにちょっとした話だし…
本編が素晴らしかっただけにこの点だけは少し残念でした。
劇場版 steins;gate 負荷領域のデジャヴ パンフレット+入場者特典

Pocket