Win7/8.1ユーザへWindows10無償提供決定

もうご存知の方も居られると思いますが、Windows10発売後1年間は、Win7以降から、
無償でWin10へアップグレードが出来るとの正式発表がありました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684833.html

いやー時代の流れとしては分かってはいましたが、実際に発表があると驚きますね(^^;

もう一つ大きな発表だったのが、従来メジャーバージョンアップに相当するような新機能
もWindows Updateのような仕組みを通じて追加される事ですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20150122_684838.html

という事は、今までのようなメジャーバージョンアップの発表は今回が
最後という事になります。
今後は、今までのOSやアプリの売り切りスタイルから、OSは実質無償化して、
Webサービスやソフトウェアを、月額 or 年額等で収益を得るビジネスモデルに
シフトしていくのでしょう。
その代表的なものが、Office365やOneDriveの容量追加サービスですね。

時代の流れなんでしょうが、個人的にはちょっと寂しい気がします。

でも無料で更新出来る事は嬉しいので、登場したらWin10にすぐに更新したいですw

Pocket

DOS/V POWER REPORT 7月号購入

長らく自作PCのCPUやM/B、メモリに手を入れる事が無かった為しばらく自作PC雑誌を 
購入する事は無かったのですが、Intel9シリーズチップセット搭載マザーが 
最近一斉に発売したので、久々に買ってみました。 
DOS/V POWER REPORT 2014年7月号

最近のマザーボードの動向なんですが、まずメーカはASUSがトップなのは変わらない 
ものの、今までなら2番目にGIGABYTEが紹介される事が多かったのが、なんと今では 
一時、変態マザー(ぇの異名で名を馳せたASRockが出てくる事に驚きました。 

ちなみにかつてそのように呼ばれたのは理由があり、AGPの付けられない845GVに 
AGP 8xポートを付けたり、Socket 754とSocket 9392つのソケットを載せて 
両対応のマザーを作ったりしてました。 
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1009/19/news004.html 

今ではこういった変わった仕様のマザーは鳴りを潜めてますが、ASUSから 
スピンオフされ設立された企業ということもあり、新機能の導入に積極的な印象です。 
また、競合他社に比べて同スペックだと値段的にリーズナブルな事が多いので、 
コスパ重視でマザーを選ぶ方にはオススメですね。 

特に、Z97 Pro4は13,000円程度でZ97チップセットに話題のM.2ソケットも装備していて 
中々良いのじゃないかと思います(^^ 

M.2スロットに関してですが、対応SSDだと間違いなく高速なものの、M.2スロット用SSDの価格が
まだ高いので、すぐに使う事はなさそうな気がします。 
ただ、基板だけの形状から考えると、価格低下は結構早そうな気がするので、 
取り敢えずマザーは対応したものを選んだほうが、将来の拡張を考えると無難でしょう。

Pocket

GTX670&3TB東芝製HDD導入

地元のパソコン工房がリニューアルオープンということで、入っていたチラシを見た所、 
3TBの東芝製HDD(MD04ACA300 5/4 型番訂正)が9990円だったのでまず購入。

系統としては以前の日立ですね。もっと昔で言えばIBMですがw 

このHDD、安価ながら1TBプラッタの7200rpm仕様で、シーケンシャルな読み書きが、 
圧倒的に速いw 
東芝 DT01ACA300 (3TB HDD) 東芝 DT01ACA300ベンチ結果
 
もう少しで200MB/sに届こうかという速さで、なかなかのHDDだと思います。 

その際、中古のGTX670が21,384円で売られていたが気になったものの 
その時はスルーしてました。 
しかし家に帰って調べてみると、現行ミドルハイクラスのGTX760よりも性能が上のモデルと 
分かり、さらにMSIのOCモデルでノーマルの915MHzから965MHz 
(ブースト時980MHz→1045MHz)へと引き上げられているタイプでした。 

3D系のゲームをあまりプレイしないので、高性能でもあまり意味は無いものの思い切って 
買っちゃいましたw 
今まで使っていたRADEON HD4850がWin8.1になってから正式対応ドライバが 
なくやや不安定で、最近セールでドル建てで4千円ちょいで買った、PowerDVD13でも 
対応GPUから外れていてBDレコーダーからDTCP-IPを利用しての 
再生時に真っ黒になる現象がありました。 
今回更新することにより、その現象がなくなりちゃんと無事再生出来るように 
なって良かったです。 

ベンチ結果に関してもFF XIVベンチの最高画質で8888という面白い数値が出たし(笑) 
CPUがボトルネックになってスコア下がっての結果ではありますが(^^; 
MSI GTX670パッケージ FF XIVベンチ キャラクター編 GTX670  

ちなみに、パソコン工房でやってた抽選会のスロットは77…まで揃って最後がずれて 
ハズレ連発でしたが(苦笑 
何故かうまい棒を沢山もらうことに(^^; 

まーでも久々にPCパーツを購入して中々楽しかったです。

Pocket

Victorの激安Blu-rayディスク購入。

たまたまイオンで買い物をしているとVictorのBD-R50枚(BV-R130U50W)が1,980円で
売っているのを発見。

価格.comに載っている計測結果を見る限り、流石に値段が倍近くする国産Panasonicには
流石にやや及ばないものの、実用上全然問題ない品質。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/829/#829-73

ちなみに、イオンカードのサンキューパスポートを利用したので、
1割引の1,782円で買えました。
1枚あたり35.64円と、DVD-Rと殆ど変わらないのじゃないかと思える価格ですw

増税前によく使う光学メディアは買い溜めして置いたほうが良いかもしれません。
Victor BD-R50枚(BV-R130U50W)

Pocket

80PLUSプラチナ電源導入。

メインPCで、5年半使用していた玄人志向KRPW-V560Wのファンが故障した為、、
どの電源にするか数日検討していました。

容量を取るか、効率を取るか悩んでいましたが、最終的には変換効率優先で選択。
80PLUSプラチナ認証取得の玄人志向KRPW-PT500W/92+に交換しました。
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1648

値段はソフマップにて8,817円。ポイントが2500程あったので、
比較的安く購入出来ました。
玄人志向 KRPW-PT500W/92+ 本体 玄人志向 KRPW-PT500W/92+ パッケージ

気になるのはやはり消費電力。エコキーパー EC-03を用いてテストしてみました。

メインPC構成は、以下のとおり。
・CPU AMD Phenom II X4 965 Black Edition BOX(TDP125W Rev.C3 1020CPMW)
・M/B Jetway HA07
・RAM DDR2-SDRAM PC6400 8GB(2GBx4)
・CPUクーラー Scythe ANDY SAMURAI MASTER(SCASM-1000)
・VGA GIGABYTE GV-R485-512H-B(RADEON HD4850 GDDR3512MB)
・SSD Crucial m4 CT128M4SSD2 128GB
・HDD Western Digital WD20EARX(2TB) + WD6400AAKKS(640GB)
・光学ドライブ Pioneer BDR-207DBK
・PCケース ZALMAN Z9 Plus
・その他 地デジ・BS/110BSチューナー GV-MVP/VS

2008年に組んだPCをベースに徐々に強化しています。
TDP125WのPhenomIIを使用している為消費電力や発熱が高めな上、
RADEON HD4850に関しても発売当時コスパの高さで話題になったものの、
今となってはアイドル時の消費電力が高いのがネックだったり(^^;

この環境での結果ですが、アイドル時で95W→85W、OCCT4.40 Power Supply高負荷
モードで、321W→300Wと、約1割前後の削減効果がありました。

今まで使用していたV560Wも、50%負荷時に82%と、2008年当時ではトップクラス効率
の製品でしたので、そこから更に同じ構成でここまで下がるというのは驚きです。

ちなみに私が購入後にKRPW-PT500W/92+ REV2.0という後継モデルが公式HPに
掲載されています。
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1817

+12Vが41.5Aから41Aに、奥行が12.5cm→14cmに、
ノイズレベルが、20.4dBから25dBにとスペックが結構違っており、ATNGから、
内部形状からおそらくEnhanceに変わっていて、マイナーチェンジではなく別物だと
考えて良いでしょう。

EnhanceはV560Wを製造していた所で、安定したPC電源メーカの一つではありますが、
念の為、暫く様子をみてからの方が良いと思います。

Pocket

自作PCの終焉?

21日の後藤さんの記事で2013年のAMDロードマップからSteamrollerが消えたという話
でも驚いたのですが、翌日の笠原さんが次々世代BroadwellがBGAのみでLGA終焉
という記事を書かれていてさらにビックリしました。

■笠原一輝のユビキタス情報局■
チックタック時代に別れを告げるBroadwell
~タブレットにフォーカスしたBGA版SoCのみ、LGAは終焉へ?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20121122_574440.html

LGAが無くなりBGAのみというのは、CPUとマザーボードを別々に選べなくなり、
事実上自作PC製作が困難になる事を意味します。

しかし、BTOやサーバ機でも普通のPCパーツが使われる事があることを考えると、
再来年以降消滅するのは不自然じゃないかなと私は思いました。

考えられるとすれば、タブレット端末向けに最先端プロセス導入を優先し、
デスクトップPC向けの新チップの投入を遅らせる可能性です。

理由は、Sandy Bridge→Ivy BridgeのCPUコア部の性能向上は僅かで、
省電力化はしたものの、別にグラフィックカードを使うケースも多い、
デスクトップPCでのインパクトは小さいものでした。
また、32nmの最初のチップはデュアルコアのi5とi3のみの展開で
Sandy Bridgeが出るまでは45nmのLynnfieldで乗り切った事からも、
デスクトップ向けをペースダウンさせるのかなと感じました。

また、ライバルのAMDがPiledriverコアでようやく性能でSandy Bridgeに
追いつこうかという感じで、かつ消費電力は2倍というのが現状です。
そのためIntelが、リスクを負ってまでデスクトップ向けに新プロセスのチップを
先に投入する必要性が無い状況なんだと思います。

なので14nmプロセスが安定して製造出来るようになると思われるSkylake世代になると
再びLGA版が出てくるのじゃないかと思います。

Pocket

パソコン用Blu-rayドライブ導入

今日は金環日食が見られると言う事でしたが、天候が悪そうだということであえて
あえて、太陽めがねを買わなかったのですが、実際は晴れてアホな事をしたという事態に(ぇ
一応、金環日食が過ぎた直後くらいに近所の方が持っていた太陽めがねで
大きく欠けた部分日食を見ることは出来たので良かったです。(^^;

さて、本題ですが購入したのは、Pioneer BDR-207DBKのソフト付。
ツクモの通販で8,180円でした。

  

昔から静音性に定評があり、レーザーディスク時代からの歴史があるパイオニア製という事で、どんなものかと期待していましたが、静かなだけなく、マウント時間も短く、
他社製に比べ、性能面での優位性があるのは確かだと感じます。

一方、コスト削減のためBDXLやDVD-RAM書き込み未対応な代わりに、
4千円程安い207DBKを選択。
BDXLメディアは、登場当初より現在まで4,000円前後とほぼ変わらず、
まず使う事は無いと思った点と、DVD-RAMメディアも1枚も所有していない為、
こちらで充分だと思いました。

国内正規ルートでは入らないモデルのため、北南米アメリカ向けの逆輸入品みたいです。

購入当初のファームは1.10でしたが既に1.20が公開されいているので更新しました。
ただ、リテール品の207JBKやS07Jでは1.21が出ているので近いうちに207DBKでも
公開されるでしょうね。

ちなみに、CD-R実験室さんにて207シリーズのKernel typeが掲載されていて、
バルクのBDXL対応モデル207MBKではGENERAL、リテール下位モデル207JBKがID58、
リテール上位のS07JがID43との事でしたが、207DBKはID61でした。
 

Pocket

AMD FXシリーズ発表

今年の中頃に出るかと思いきや、待てど暮らせど出ずという状況でしたが、
本日ようやく発表となりました。
早速、PC系ニュースサイトにベンチ結果が掲載されています。

・AMD FXシリーズ最上位「FX-8150」ベンチマーク(impress PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111012_483000.html

・遂に姿を現した8コアCPU「AMD FX」はCPUの覇権を握れるか?(ASCII.jpx自作PC)
http://ascii.jp/elem/000/000/641/641601/

・FX-8150/3.6GHz(4Gamer)
http://www.4gamer.net/games/100/G010000/20111012001/

・Bulldozerは気難しい──AMDの新CPUアーキテクチャ“Zambezi”を試す
(+D PC USER ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/12/news041.html

・Bulldozer世代の8コアCPU「AMD FX」”Zambezi”徹底攻略 – 性能ベンチマーク編
(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/special/2011/zambezi/index.html

ざっと見てみたんですが、Core i7 2600Kはおろか、PhenomII X6に項目によっては
劣るベンチ結果…
しかも消費電力はX6比でフルロード時約65W増えてるという結果…
i7 2600Kと比べると、約80Wも多い上に低性能という事になっています。
さらに、最上位のFX-8150に関しては水冷ユニット付きで、国内販売価格予想
3万台前半の模様。
性能を考えると高すぎですね。

正直、これではAMDの将来お先真っ暗と言わざる負えない…(汗
ベンチマークソフト側がFXシリーズに最適化されることで性能向上する
可能性は、 あるでしょうがこの先どうなるか心配です。

Pocket

SSD導入!

ソフマップ楽天市場店でCrucial m4 128GB(CT128M4SSD2)が週末ポイント10倍
キャンペーンにより17,180円+1630Pで出ていたので思い切って購入w
Crucial m4 SSD 128GB(CT128M4SSD2)外箱Crucial m4 SSD 128GB(CT128M4SSD2)本体
早速取り付けて、使おうと思ったのですが、データ移行に苦戦。
一応データ移行は可能だったものの、アライメントズレが出たため、
結局新規にOSを導入することにしました。
ベンチ結果にですが、SATA 2.5環境ですが、それでもRead 262MB/sを非常に
高速で、Windowsが1分前後で起動し、実際の使用感もサクサク動いて快適。
パンヤのロードに至ってはロード画面が表示されずにゲームが始まる
速さで驚きましたw
エクスペリエンスインデックスではプライマリハードディスクの値が5.9→7.8に。
アライメントがずれた状態の時に何故か最高値の7.9が出たりw
Crucial m4 SSD 128GB(CT128M4SSD2)ベンチ結果Crucial m4 128GB(CT128M4SSD2)エクスペリエンスインデックス
まだ値段の張る物ではありますが、導入する価値はありますね。
【8/17 更新】エクスペリエンスインデックス結果を追加しました。

Pocket

PC自作の祭典2011にエントリーしました

Windows 7杯 自作PCの祭典 真夏の省電力スペシャルにエントリーしました!
http://www.dosv.jp/contest/7eco/entry/detail.php?id=152
と言っても6月に当たったケースを活用して新規製作ではなく、
既存のメインマシンでエントリーしただけではありますが(^^;
今回は、既存機のCPU電圧とクロックを引き下げて省電力化しています。
スペック表や本体内部の写真等も載ってますので組む際の参考なれば
良いなと思います(^^
省エネ以外で注目点は、PCケースのZALMAN Z9 Plusですね。
今年の1月にNTT-Xで5,544円という値段で購入したのですが、今では更に安く
なっていまして、ソフマップでなんと4,980円になっていますw
http://item.rakuten.co.jp/dtc/4537694106597/
付いてるファン4個買っただけでこれくらいの値段になることを
考えれば驚きですw
ちなみに、現在ソフマップ.comではポイントが付かないのに対し、
楽天市場店の方は楽天スーパーポイントが2%付くので、ソフマップポイントを
使いたい人以外はこちらで購入したほうがお得です(^^

Pocket