ドコモ光パックは問題アリ

1/29にNTT東西のフレッツ光回線のサービス卸を利用したドコモ光の詳細の発表が
ありました。
ですが、このサービス、問題点が多いと私は思います。

まず第一に、料金プランが複雑すぎる事。
・「ドコモ光パック」はなぜ複雑に?各社の”光コラボ+モバイルのセット割”を読み解く
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1501/31/news014.html
プロバイダがドコモnetというNTTドコモ直営サービス以外にもBIGLOBEやニフティ等、
既存の主要プロバイダを選べる仕組みになっているのですが、選ぶプロバイダによって
タイプAとタイプBと分かれており、サービス開始時期や料金が異なります。
同じサービスを受けるのに料金が違う事が、ユーザーにとっては分かりにくい。

第二に、パケットパックとドコモ光を組み合わせたドコモ光パックという
セット形態になっているのですが、固定と携帯回線を一緒くたにした価格提示のやり方
自体、結局の所安いのかどうかが分かりづらい。
さらに、パケット利用量が多いほど割引額が増える仕組みですが、auスマートバリューの
一律2年間1,480円(その後980円)割引に比べると、パケット利用料の少ないユーザーは
殆ど恩恵を受けない形になっています。

第三に、これが一番の問題なのですが、ドコモ光へ変更後フレッツ光へ戻した際、
固定電話番号が強制的に変更になる事

・ドコモ光、フレッツ光への再転用は不可 – 解約すると固定電話番号が変更に
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/02/115/
サービス開始時は、スマホを解約するとドコモ光も自動解約(単独利用不可)になる為、
一旦ドコモ光を契約すると、固定電話番号を変えたくない場合、事実上解約出来なく
なります。
固定→フレッツ光は勿論の事、固定→他社光でもNTT固定回線が休止扱いとなり、
他社光を解約する際はNTT固定を復活させる扱いにて基本的に戻せるので、これは
致命的な欠陥だと思いますね。

全体的に見て思うのですが、NTTグループや協力プロバイダの都合で料金プランや
仕組みを決めた感が強いですね。客の事を全然考えてないと思います。

これらの問題がある限り、ドコモ光を私はオススメしません。

—–追記 2/3 21:05—–
携帯を解約しても固定を維持できるように検討されているみたいです。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150203_686654.html

これが実現すれば、一番の懸案事項は解消されそうです。
ただ、フレッツへ戻した際に固定電話番号を同番移行出来るよう検討していただきたいと
思います。

Pocket

Win7/8.1ユーザへWindows10無償提供決定

もうご存知の方も居られると思いますが、Windows10発売後1年間は、Win7以降から、
無償でWin10へアップグレードが出来るとの正式発表がありました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684833.html

いやー時代の流れとしては分かってはいましたが、実際に発表があると驚きますね(^^;

もう一つ大きな発表だったのが、従来メジャーバージョンアップに相当するような新機能
もWindows Updateのような仕組みを通じて追加される事ですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20150122_684838.html

という事は、今までのようなメジャーバージョンアップの発表は今回が
最後という事になります。
今後は、今までのOSやアプリの売り切りスタイルから、OSは実質無償化して、
Webサービスやソフトウェアを、月額 or 年額等で収益を得るビジネスモデルに
シフトしていくのでしょう。
その代表的なものが、Office365やOneDriveの容量追加サービスですね。

時代の流れなんでしょうが、個人的にはちょっと寂しい気がします。

でも無料で更新出来る事は嬉しいので、登場したらWin10にすぐに更新したいですw

Pocket

最近の話題。

先週からBlogページの移動作業を始めてようやく終了。
作業途中で今までのBlogデータを一旦削除した関係で閲覧出来ない期間があり失礼
しました。

さて、最近気になった話題が幾つかあったので書きたいと思います。

・ガラホ?登場。
見た目はガラケーだけど中身はAndroidでスマホというAQUOS Kがauより発売する
みたいです。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150119_684194.html

この端末、auの将来の為に開発した印象が強いと思いました。
何故かと言いますと、3Gの規格が国内ではauのみ利用するCDMA2000方式という方式を
利用しており、端末調達の都合上、出来る限り早い時期に終了させたいという思惑が
あるからです。

その為、LTEで音声通話が可能なガラケーが将来必要になってきます。
ところが、現在のガラケーだと3G規格に対応した物しか対応しておらず、
新規開発する必要があるのですが、ガラケーは昔ほど売れないのでそこまで
開発費を掛けられない。という訳でAndroidで開発したという所なのでしょう。

これは、au社内で「ネスクトフューチャーフォン」と呼ばれているあたりからも伺えます。

ただ、今回のAQUOS K SHF31に関しては取り敢えず作った感が強いですね。
何故なら、わざわざAndroidにしておきながらVoLTEに対応していない…(汗
肝心の通話音質が普通の携帯レベルなので、今回購入するメリットはないですね(ぇー

VoLTEに対応するであろう将来の機種に期待です。

・2008年8月ワンフェスエスカレータ事故の調査報告書が公表に。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150119-OYT1T50025.html

6年半前の話なので、あまり話題にはなっていないのですが、ついこの間調査報告書が
公表されたみたいです。
それによりますと、事故の主原因は重量超過ではなく部品の溶接不良や固定ボルトの
緩みでモーターの位置がずれからみたいです。
なので、施工不良や経年劣化による不具合だったみたいですね。

今までは重量超過が原因と言われていて、エスカレーターの不具合はそれ程問題に
されていなかったですが、今回それが違うことが分かったという事で、
個人的には結構大きなニュースだと思いました。

・SHIROBAKO 14話これは凄い!
http://shirobako-anime.com/

昨年10月からアニメ制作現場を舞台にした「SHIROBAKO」というアニメが放送中で、
前からアニメ制作現場を細密に再現してるアニメとして良い作品だと思い見てますが、
14話では、声優オーディションや、配役を決める会議の様子が描かれていて、
非常にリアルな感じに描かれていて驚きました。

正直、こんな内容で出していいのかと心配になるくらいの出来だと思ったり(^^;

アニメ好きなら必ず見ておいたほうが良い作品だと思います。

Pocket

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

さてさて、2015年始まりました。
今年は飛躍できる年に出来たらなと思っています。

今年は、早速TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』が始まるので、
今から楽しみです。それと春以降だと、麻枝准が全話脚本の『Charlotte』や京アニ
新作の吹奏楽部を舞台にした『響け!ユーフォニアム』が始まるのでこちらも期待です。

ちなみに一昨年は、アスナのねんどろいどが当たりましたが昨年は大抵当たる、
せんとくんプレミアム商品券を購入出来る権利が当たったくらいで
何もなかったです(苦笑)

そして読者プレゼントで久しぶりに狙ってみようとCharlotteの記事が載っていることも
あり、G’sマガジンを購入。
電撃G'sマガジン2015年2月号
ところが、なんと読プレが廃止されWebアンケートのみになっていて結構凹みましたorz

昨年は、iPhoneを導入して、外で何時でもネット出来る環境になりました。

今年は、未だADSLな自宅ネットを光に変えたいと思います。
なにしろiPhoneの速度を計測すると、自宅の無線LANでは下り8.4M/上り1Mなのですが、
mineo(格安SIM)のLTE回線だと速い時自宅で下り50M/上り10Mっていう結果出てビックリw

流石に外ではここまで速度が出る事が少ないものの、モバイル回線のほうが速い現状は、
どうにかしたいものですw

あとはDDR4メモリが普及価格帯に降りてきたらパソコンのCPUやマザーボードを
買い換えたいと思います。まあこれは2016年くらいになりそうですがw

それでは、今年もよろしくお願いします。

Pocket

iPhone5c & 【MVNO】mineo導入

昨年夏にSoftBankにてiPhone5を一括0円で契約したものの初月の支払額の事でトラブルと
なりauのW52Hという普通の携帯を継続して使っていたもののいずれはスマホを持ちたいなと
思ってました。

そして、普通に携帯ショップで契約するのも面白く無いので、安価なMVNOサービスを
使い、別途白ロム端末を入手する方向で夏くらいからチェック。
その結果、iPhone5cホワイト(au版32GB)未使用品をヤフオクにて25,000円+送料にて入手。
iPhone5Cホワイト(au 32GB)

回線はmineoのシングルタイプ(データ通信のみ)1GBコースにしました。
http://mineo.jp/
mineoパッケージ mineo(au 4G LTE)nano SIMカード

mineoは今年6月から始まった、現在唯一のau 4G LTEを利用したMVNO通信サービスで、
料金が月額1058円+3円(ユニバーサルサービス料)と1GBのMVNOとしては標準的なものの、
他のMVNOで使われているドコモに比べ、800MHz帯の基地局が充実しており、LTEの
人口カバー率が99%と非常に高いのが特長です。
また、サービスを提供しているケイ・オプティコムという企業は、関西電力の子会社で
eo光という光回線サービスを提供している所で関西では有名です。

速度をRBB TODAYスピードテストで計測しましたが非常に高速w
mineo(au 4G LTE)RBB TODAYスピードテスト結果

これ、うちで使っているADSL回線のYahoo!BB 50Mが下り8.3M上り1Mなのに比べて
断然高速だったり(苦笑)
エリアに関してもLTEしか使えない欠点があるものの、人口カバー率が非常に高いので、
よほどの田舎へ行かない限りは問題になることは殆どないと思います。

ちなみにiPhoneについてですが、一般的に人気があるのは5Sの方で、金属筐体の
ものが多いのですが、プラスチックの白色というのも表面が滑らかに加工されていて
中々良いと思いました。
スペック的にもiPhone5(無印)並で通信機能に関しては5Sと同等で十分だと思います。
iPhone5C画面 iPhone5C裏面

iPhoneは使い始めたばかりでまだ操作に慣れていないですが徐々に使いこなせるように
したいなと思いますw

Pocket

DOS/V POWER REPORT 7月号購入

長らく自作PCのCPUやM/B、メモリに手を入れる事が無かった為しばらく自作PC雑誌を 
購入する事は無かったのですが、Intel9シリーズチップセット搭載マザーが 
最近一斉に発売したので、久々に買ってみました。 
DOS/V POWER REPORT 2014年7月号

最近のマザーボードの動向なんですが、まずメーカはASUSがトップなのは変わらない 
ものの、今までなら2番目にGIGABYTEが紹介される事が多かったのが、なんと今では 
一時、変態マザー(ぇの異名で名を馳せたASRockが出てくる事に驚きました。 

ちなみにかつてそのように呼ばれたのは理由があり、AGPの付けられない845GVに 
AGP 8xポートを付けたり、Socket 754とSocket 9392つのソケットを載せて 
両対応のマザーを作ったりしてました。 
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1009/19/news004.html 

今ではこういった変わった仕様のマザーは鳴りを潜めてますが、ASUSから 
スピンオフされ設立された企業ということもあり、新機能の導入に積極的な印象です。 
また、競合他社に比べて同スペックだと値段的にリーズナブルな事が多いので、 
コスパ重視でマザーを選ぶ方にはオススメですね。 

特に、Z97 Pro4は13,000円程度でZ97チップセットに話題のM.2ソケットも装備していて 
中々良いのじゃないかと思います(^^ 

M.2スロットに関してですが、対応SSDだと間違いなく高速なものの、M.2スロット用SSDの価格が
まだ高いので、すぐに使う事はなさそうな気がします。 
ただ、基板だけの形状から考えると、価格低下は結構早そうな気がするので、 
取り敢えずマザーは対応したものを選んだほうが、将来の拡張を考えると無難でしょう。

Pocket

Victorの激安Blu-rayディスク購入。

たまたまイオンで買い物をしているとVictorのBD-R50枚(BV-R130U50W)が1,980円で
売っているのを発見。

価格.comに載っている計測結果を見る限り、流石に値段が倍近くする国産Panasonicには
流石にやや及ばないものの、実用上全然問題ない品質。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/829/#829-73

ちなみに、イオンカードのサンキューパスポートを利用したので、
1割引の1,782円で買えました。
1枚あたり35.64円と、DVD-Rと殆ど変わらないのじゃないかと思える価格ですw

増税前によく使う光学メディアは買い溜めして置いたほうが良いかもしれません。
Victor BD-R50枚(BV-R130U50W)

Pocket

80PLUSプラチナ電源導入。

メインPCで、5年半使用していた玄人志向KRPW-V560Wのファンが故障した為、、
どの電源にするか数日検討していました。

容量を取るか、効率を取るか悩んでいましたが、最終的には変換効率優先で選択。
80PLUSプラチナ認証取得の玄人志向KRPW-PT500W/92+に交換しました。
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1648

値段はソフマップにて8,817円。ポイントが2500程あったので、
比較的安く購入出来ました。
玄人志向 KRPW-PT500W/92+ 本体 玄人志向 KRPW-PT500W/92+ パッケージ

気になるのはやはり消費電力。エコキーパー EC-03を用いてテストしてみました。

メインPC構成は、以下のとおり。
・CPU AMD Phenom II X4 965 Black Edition BOX(TDP125W Rev.C3 1020CPMW)
・M/B Jetway HA07
・RAM DDR2-SDRAM PC6400 8GB(2GBx4)
・CPUクーラー Scythe ANDY SAMURAI MASTER(SCASM-1000)
・VGA GIGABYTE GV-R485-512H-B(RADEON HD4850 GDDR3512MB)
・SSD Crucial m4 CT128M4SSD2 128GB
・HDD Western Digital WD20EARX(2TB) + WD6400AAKKS(640GB)
・光学ドライブ Pioneer BDR-207DBK
・PCケース ZALMAN Z9 Plus
・その他 地デジ・BS/110BSチューナー GV-MVP/VS

2008年に組んだPCをベースに徐々に強化しています。
TDP125WのPhenomIIを使用している為消費電力や発熱が高めな上、
RADEON HD4850に関しても発売当時コスパの高さで話題になったものの、
今となってはアイドル時の消費電力が高いのがネックだったり(^^;

この環境での結果ですが、アイドル時で95W→85W、OCCT4.40 Power Supply高負荷
モードで、321W→300Wと、約1割前後の削減効果がありました。

今まで使用していたV560Wも、50%負荷時に82%と、2008年当時ではトップクラス効率
の製品でしたので、そこから更に同じ構成でここまで下がるというのは驚きです。

ちなみに私が購入後にKRPW-PT500W/92+ REV2.0という後継モデルが公式HPに
掲載されています。
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1817

+12Vが41.5Aから41Aに、奥行が12.5cm→14cmに、
ノイズレベルが、20.4dBから25dBにとスペックが結構違っており、ATNGから、
内部形状からおそらくEnhanceに変わっていて、マイナーチェンジではなく別物だと
考えて良いでしょう。

EnhanceはV560Wを製造していた所で、安定したPC電源メーカの一つではありますが、
念の為、暫く様子をみてからの方が良いと思います。

Pocket

インシュレータ(AT6089CK)買いました。

スピーカーを置く際、机にベタ置きすると不要な振動が伝わって音質が悪くなります。
そこで、今まで10円や5円に1円を挟み込んでインシュレータとして使用していました。

でも専用のものはどうなのだろう?と思い、audio-technica AT6089CKを導入しました。
audio-technica AT6089CKパッケージ AT6089CKの上にONKYO GX-R3を設置

このインシュレータは、真鍮とコルクを使用しており、ニッケルメッキ仕上げで
光沢があり見た目も良いです。大きさの割には重みもあります。

音質改善効果については、これが購入前思ってたよりもずっとあり、音の解像度が上がり
クリアでスッキリした音質に変化。導入して良かったです。

スピーカーはオンキョーのGX-R3という12年前に購入したものを使い続けていて、
MDF木製キャビネットの良いスピーカーでしたが改めて本当の実力を知ることになりましたw

中高音をクリアに鳴らしたい人にはオススメですね。

値段は、コンプモト(楽天)にて1,730円。インシュレータの中では安価な部類で、
結構音質向上効果があるので、中々面白いのじゃないかと思いました。

Pocket

今年ももうすぐ終わりです。

2013年もあと僅かとななりました。
結構あっという間に過ぎた一年だったと思います。

今年は、アニメ映画の見た本数が過去最多の7本になりました。
近くの映画館でいろいろ上映してたからではありますが、
まさかこんなに見ることになるとは思わなかったので自分でもビックリですw
今年見たのは以下の作品となります。

・とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇跡-
・花咲くいろは HOME SWEET HOME
・AURA(アウラ)~魔竜院光牙最後の闘い~
・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ
・風立ちぬ
・魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
・かぐや姫の物語

全てパンフレットも購入しました。AURAのパンフは1,500円もして映画見るのと
同じ位かかるじゃねーかとツッコミ入れたくなりましたが、一応内容を
見て納得はできたかなと。原作の田中ロミオさん好きですし。

どの作品も良かったですが、特に素晴らしかったのは、まどか☆マギカとかぐや姫の物語。
前者は変身や戦闘シーンの映像が凝っていてよく動きシナリオも前作以上の
予想外の展開で驚き、後者は、鉛筆書きを活かすとこうも印象に残る作品が作れるのか
という凄さを感じましたね。

一方、TVアニメの方は、平均的な質は高かったものの、飛び抜けた作品は無かった
感じですね。
敢えて挙げるならD.C.Ⅲは好きでした。(笑)
シナリオは軽いものですが、キャラクターが可愛く描かれていたのが良かったかなと。
要は絵が自分好みなだけではありますがw

正直、TVアニメはまどかが凄すぎるわ、ジブリの巨匠監督2本立てのインパクト圧倒的さで、
霞んでしまった感があります。(^^;
コンピュータ関係に関しては今年は完全にパソコン売れない年になりましたね(苦笑)

AMDはゲーム機に力を入れている状況で自作向けで重要なFXシリーズの将来が見えて
来ない状況ですし、Intelに関してもパソコン自体が売れない状況で安泰とはいえず、
後追いのタブレット向けCPUを必至に開発しているという状況で中々厳しい年に
なったのではないでしょうか。

Win8に関しても発売早々導入したものの、正直パソコンで使うには操作性がWin7に劣ってますし、
タブレットにしても、iPadの方が使いやすいと中途半端で微妙な印象でした。
後半にWin8.1に更新されて少し改善しましたがまだ微妙な感じは否めないですね。

さらに、円安でパーツの値段上がって高くなっている上、性能向上があまり進まず、
自作PCユーザーとしては少々詰まらない一年だったという感じです。

来年は、タブレットやスマホ向けのCPUの情報もう少し収集したいですね。
それと、なにか新しい事に挑戦したいと思います。

それでは、良いお年を~

Pocket