自作PCの終焉?

21日の後藤さんの記事で2013年のAMDロードマップからSteamrollerが消えたという話
でも驚いたのですが、翌日の笠原さんが次々世代BroadwellがBGAのみでLGA終焉
という記事を書かれていてさらにビックリしました。

■笠原一輝のユビキタス情報局■
チックタック時代に別れを告げるBroadwell
~タブレットにフォーカスしたBGA版SoCのみ、LGAは終焉へ?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20121122_574440.html

LGAが無くなりBGAのみというのは、CPUとマザーボードを別々に選べなくなり、
事実上自作PC製作が困難になる事を意味します。

しかし、BTOやサーバ機でも普通のPCパーツが使われる事があることを考えると、
再来年以降消滅するのは不自然じゃないかなと私は思いました。

考えられるとすれば、タブレット端末向けに最先端プロセス導入を優先し、
デスクトップPC向けの新チップの投入を遅らせる可能性です。

理由は、Sandy Bridge→Ivy BridgeのCPUコア部の性能向上は僅かで、
省電力化はしたものの、別にグラフィックカードを使うケースも多い、
デスクトップPCでのインパクトは小さいものでした。
また、32nmの最初のチップはデュアルコアのi5とi3のみの展開で
Sandy Bridgeが出るまでは45nmのLynnfieldで乗り切った事からも、
デスクトップ向けをペースダウンさせるのかなと感じました。

また、ライバルのAMDがPiledriverコアでようやく性能でSandy Bridgeに
追いつこうかという感じで、かつ消費電力は2倍というのが現状です。
そのためIntelが、リスクを負ってまでデスクトップ向けに新プロセスのチップを
先に投入する必要性が無い状況なんだと思います。

なので14nmプロセスが安定して製造出来るようになると思われるSkylake世代になると
再びLGA版が出てくるのじゃないかと思います。

Pocket

iPhone 5のプロセッサ「A6」こぼれ話。

今日、A6チップに関する後藤弘茂さんの記事が出ていたのでその話を。

・モバイルアプリの姿を変える可能性を秘めたiPhone 5の中核「A6」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120918_560341.html

当初はCortex-A15をデュアル動作させているのじゃないかという話が出ていたのですが、
それが途中から自社開発の独自コアと言う事に変わりました。

その独自コアを開発したのが何処かというと、P.A. SemiというDECの「Alpha 21064」や
「StrongARM」の開発者が設立した企業で、ここを4年前に買収していたみたいです。

・アップル、省電力CPUベンダーのPAセミを買収――UMPC参入への布石?(2008年04月24日)
http://www.computerworld.jp/topics/614/105911

当時の記事を見る限り、Intelとの関係がどうなるか不透明になると書かれています。
また、iPhoneやiPadみたいな端末に生かされる事は予想されていなかったみたいですね。

で、詳細は後藤さんの記事を読んで頂ければと思いますが、Alphaと言えば、
AMD Athlonの外部バスに採用されたEV6バスが有名で、その後現在使用中の
HyperTransportに繋がるAMDの要と言える物となりました。

それと、AppleはGPU開発も行なっているらしくAMDのグラフィックス部門のCTOを
引き抜いたりもしていたみたいです。
今後は独自のプロセッサで他社との差別化を図るという方向性が見えた気がします。

…それにしても何というかよく分析してるなぁ。AMDはCPUは微妙ですが、
GPUは高性能ですからね。
道理で最近Radeonの性能向上が鈍っている訳だ。

あとプロセッサからは離れますが、Apple製品のリークが今回ほぼ正確だったのは、
組み立て工場の場所が変わり、中国からベトナムに移った事に関係がある
可能性がある模様。

リークの話は置いとくとしても、中国の情勢が不安定になりつつある中、
絶妙なタイミングで組み立て工場のをベトナムに移すとは流石Appleと
言える気がします(^^

Pocket

iPhone5発表と今後の予測

13日にiPhone5が発表となりましたね。
内容的には薄型軽量化、バッテリー持ちの改善、ディスプレイのワイド画面化、
という感じで、薄型化をする為にコネクタの変更と、SIMカードの小型化が行われています。

個人的には、重さが112gというのが素晴らしいと感じました。
4インチクラスの液晶を搭載したスマートフォンで112gを実現した
機種は無かったと思います。

今回も、4S同様auとSoftBank2社から発売となります。
4Sの際は、当初au版は月額料金が割高な上、未対応のサービスが
存在していて、完全対応SoftBankのほうがやや多く売れる傾向でしたが、
今回はauの方が売れると思います。

理由は、、SoftBank版の料金が高くなり、料金でauとほぼ同じになりました。
なので料金の安さでSoftBankを選ぶという理由はなくなっています。

また、auだと提携ネットサービス利用で、2年間1,480円(それ以降980円)割引となる、
auスマートバリューという割引サービスがあります。
対象は、auひかり、eo光、提携CATV各社で、このサービスを利用すると
SoftBankよりも安くなります。

さらに、テザリングはau版のみ対応です。3DSやPS Vita等を外出先でネット接続出来るように
なるのでゲームをする機会の多い人には大きいのじゃないでしょうか・

プラチナバンドがSoftBankにも割り当てられたとはいえ、既に整備されている
auには敵わないし、4Sで3.1Mbps止まりの対応だったのが、5だと9.2Mbpsと
高速化し、最高速度でもSoftBankに迫れるでしょう。

それと、LTEに関しても現状、SoftBankが先行している印象ですが、
国内のiPhone5でLTEに使われるのは2GHz帯。
SoftBankは、3Gで目一杯つかっているためLTE用の帯域幅の確保が難しいみたいですが、
2GHz帯を800MHz帯の補助に使用しているauは余裕があるのでLTE用に広い帯域幅を
確保しやすいみたいです。
そのため、3Gメインの今も、LTEに移行する将来もauの方が良好な通信環境を保つことが
出来ると思いました。

Pocket

パソコン用Blu-rayドライブ導入

今日は金環日食が見られると言う事でしたが、天候が悪そうだということであえて
あえて、太陽めがねを買わなかったのですが、実際は晴れてアホな事をしたという事態に(ぇ
一応、金環日食が過ぎた直後くらいに近所の方が持っていた太陽めがねで
大きく欠けた部分日食を見ることは出来たので良かったです。(^^;

さて、本題ですが購入したのは、Pioneer BDR-207DBKのソフト付。
ツクモの通販で8,180円でした。

  

昔から静音性に定評があり、レーザーディスク時代からの歴史があるパイオニア製という事で、どんなものかと期待していましたが、静かなだけなく、マウント時間も短く、
他社製に比べ、性能面での優位性があるのは確かだと感じます。

一方、コスト削減のためBDXLやDVD-RAM書き込み未対応な代わりに、
4千円程安い207DBKを選択。
BDXLメディアは、登場当初より現在まで4,000円前後とほぼ変わらず、
まず使う事は無いと思った点と、DVD-RAMメディアも1枚も所有していない為、
こちらで充分だと思いました。

国内正規ルートでは入らないモデルのため、北南米アメリカ向けの逆輸入品みたいです。

購入当初のファームは1.10でしたが既に1.20が公開されいているので更新しました。
ただ、リテール品の207JBKやS07Jでは1.21が出ているので近いうちに207DBKでも
公開されるでしょうね。

ちなみに、CD-R実験室さんにて207シリーズのKernel typeが掲載されていて、
バルクのBDXL対応モデル207MBKではGENERAL、リテール下位モデル207JBKがID58、
リテール上位のS07JがID43との事でしたが、207DBKはID61でした。
 

Pocket

New iPad買いました。

知り合いの居る量販店で4/7に予約してはや3週間、ようやく新型iPadを入手しましたw
 

本当に欲しい端末だったので、入手できるまでが本当に待ち遠しかった。

昨年秋に買って放置していた、スティーブ・ジョブズの伝記を読んで待っていました。

そしてついに入手した訳ですが、お店のデモ機や知人のiPadで触るのと、自分で購入して
使うのとでは全く違うなと触ってみて感じることに。

まず、液晶が非常に綺麗で素晴らしいです。
サイズは9.7インチと特別大きいわけではないですが、解像度が2048×1536と半端ないw
明るい場所では、液晶ディスプレイなのにもかかわらず、紙の印刷物を見ていると
錯覚しそうなレベルです。

また、解像度の高さばかりにとらわれがちですが、発色も非常に綺麗。
今使っているパソコンの液晶ディスプレイよりも良いのじゃないかと思える品質ですね。
写真や、HD画質の動画が非常に綺麗に再生できます。

ちなみに、発色については個体差があるという話もありますが、私が購入したiPadに
関しては、全く問題なかったです。

操作感も非常に優れていて、特にスクロールと、拡大縮小の操作に関しては、
圧倒的にPCよりもiPadの方がしやすいと思いました。

動作速度に関してもデュアルコアCPUに加えGPUがクアドコア化したため、
非常に快適でiOSのお陰もあり、一般的なPC以上に快適なレスポンスで使えます。

ちなみに、iPadを購入する際は一緒にiPadスマートカバーの購入をオススメします。

これは、マグネットを利用して側面から固定し、カバーを開くだけで、磁力によって
自動的にスリープ解除になり、閉じるとスリープするという優れ物です。
机において使ったりする際もスタンドとしての利用も可能で、特に、iPadを立てて
使いたい時には非常に便利です。

まだ、iPadのほんの一部の機能しか使えてない状況ではありますが、少なくとも私が
PCの前に座る時間は確実に減ると思いました。
ちょっとネットで調べたい時や地図を見たい時には良いですね。

Pocket

new iPad発表

というわけで現地時間7日に3代目iPadが発表となりました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120308_517271.html

今回の注目点はディスプレイの解像度が上がり、従来比4倍の2,048×1,536という、
フルHDを超えた事ですね。
これは、iPhone4シリーズ同様、Retina Displayと呼ばれています。

発表前より噂はあったとはいえ、実際この解像度でというのには驚きましたw
なんしろ、9.6インチのディスプレイでですからね。
特に、電子書籍やGoogle Map等で威力を発揮すると思います。

解像度が上がった分従来よりも処理能力が必要なため、CPUやGPUのスペックも順当に
アップしている他、カメラのスペックも500万画素と、iPhone4Sには及ばないものの、
同じ裏面照射型CMOSとF2.4の明るいレンズと搭載していて、結構綺麗に撮影可能なの
じゃないかと思います。

また、動画撮影も関してもフルHD対応にグレードアップしていますw

バッテリーの持ちを維持するために、iPad2より若干厚みとが増え重くなっていますが、
お値段若干安くなって従来比解像度4倍は魅力的ですねw

Pocket

AMD FXシリーズ発表

今年の中頃に出るかと思いきや、待てど暮らせど出ずという状況でしたが、
本日ようやく発表となりました。
早速、PC系ニュースサイトにベンチ結果が掲載されています。

・AMD FXシリーズ最上位「FX-8150」ベンチマーク(impress PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111012_483000.html

・遂に姿を現した8コアCPU「AMD FX」はCPUの覇権を握れるか?(ASCII.jpx自作PC)
http://ascii.jp/elem/000/000/641/641601/

・FX-8150/3.6GHz(4Gamer)
http://www.4gamer.net/games/100/G010000/20111012001/

・Bulldozerは気難しい──AMDの新CPUアーキテクチャ“Zambezi”を試す
(+D PC USER ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/12/news041.html

・Bulldozer世代の8コアCPU「AMD FX」”Zambezi”徹底攻略 – 性能ベンチマーク編
(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/special/2011/zambezi/index.html

ざっと見てみたんですが、Core i7 2600Kはおろか、PhenomII X6に項目によっては
劣るベンチ結果…
しかも消費電力はX6比でフルロード時約65W増えてるという結果…
i7 2600Kと比べると、約80Wも多い上に低性能という事になっています。
さらに、最上位のFX-8150に関しては水冷ユニット付きで、国内販売価格予想
3万台前半の模様。
性能を考えると高すぎですね。

正直、これではAMDの将来お先真っ暗と言わざる負えない…(汗
ベンチマークソフト側がFXシリーズに最適化されることで性能向上する
可能性は、 あるでしょうがこの先どうなるか心配です。

Pocket

iPhone4S料金プラン発表

スティーブ・ジョブズさんが56歳で亡くなられたのは、衝撃がありました。
iMac、iPod、そしてiPheoneと革新的な製品を世に送り出した方だけに
こんなに早く亡くなられたのはショックが大きい…(汗
また、Apple製品以外を使っていても、GUIの原型を作ったのはスティーブ・ジョブズ氏が
携わったAppleやNeXTですし…
Windowsは、実はそれを真似た後発品って所だったりします。

心からお悔やみ申し上げます。

さて、iPhone4Sが発表されました。
今回は、日本に関しては新機能よりもauからも発売するという事の方が
大きい話題でしょうね。

ここではauのメリットとデメリットを挙げますね。

○メリット
・SBでは使えない800MHz帯がメインで、且つ広範囲に基地局を設置しているため
 エリアが広い。
・上記の理由でさらに通信品質も安定している。
・今のところ、スマホユーザーが比較的少なく周波数帯域も広いため都市部での
 回線容量に比較的余裕がある。

×デメリット
・通信料金がSBに比べやや高め。
・通信速度がSBがHSDPA対応で、下り14Mbps、上り、5.6Mbpsに対して、
 auはiPhoneの対応がRev.A止まりのため3.1Mbpsと遅い。
・ネットと同時に通話は不可。また、ネット通信中に着信が入ると
 ネット接続が切れる。

オススメは、山間部へ行くことが多いか首都圏中心部など、
混雑しやすい地域での利用ならau。
それ以外なら、最高速度が速く通信料金の安いSBですね。

なお、今回より新ブログでへ本格移行しました。(^^
内容的にまだまだ未熟な所もあると思いますが、今後共よろしくお願いします。

Pocket

W241DG買いました。

Rewriteは、16:9製作という事を前回書きましたが、それならディスプレイも
ワイドに買い替えだなーということで買い替えを(ぇー
まあ、他にもフルHD(1920X1080)タイプが増加しWUXGA(1920×1200)が
減少傾向で今のうちに購入しておかないと入手しにくくなるというのも
理由の一つですね。
ツクモの通販で39,800円でした。
高価なIPSパネルを採用している割に安いと思います。
ただ、今だとさらに1000円ほど下がっている点が複雑ですが(^^;
使ってみた感想ですが、やはり視野角がTN液晶に比べて断然広く、上下で
色合いが違うなんて事はありませんw
それに加え、発色が落ち着いていて見やすいです。
イラストはもちろんの事、コスプレイヤーさん等人物の肌の発色が自然に出るのは
素晴らしいw
多少バックライトの明るさムラはあるものの、これを解消するには
NEC10万前後のH-IPS&ムラコンプ搭載プロ向け製品を選ぶ必要があるので、
コストパフォーマンス的にはほぼ同じパネル(LG製IPS)を採用している
HYUNDAI W241DGは良いと思います。

Pocket

変わり種USBメモリ

PCに接続するとキャラクターが座った形になるUSBメモリに新モデルが出るようですね。
バッファローとバンダイ、綾波レイ/ランカ・リー/泉こなたUSBメモリ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0304/buffalo2.htm
この中では綾波レイが一番可愛いw
無表情でちょこんと座った感じが良いですね(^^
話は変わりますが、今日の小沢代表の会見、秘書逮捕で代表辞めないとはなんだかなぁ。
それから、なんとなくマスコミ報道が甘い気がするのは気のせいだろうか…

Pocket